穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

14020401雪だるマン

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ 画像の説明
2014.02.04 その他「雪」 投稿者:雪だるマン
 

 
 
 
雪だるマン
 
2014年2月4日 八王子に雪が降りました。
あの日も雪が積もっていました。
思いもかけない交通事故でした。
大腿骨の複雑骨折は長い間癒えませんでした。
松葉づえをつきながら駅まで歩いていると、
小学校高学年の子が自分の靴をびしょびしょにしながら、
雪をかき分け、道をつくり始めたのです。
助かりました。
「ありがとう」「気をつけてね」簡単な会話で別れました。
このときの少年は、今2児のの父親になり、
わたしのことを「おやじ」と呼ぶようになりました。
困難をかき分け、家族に幸せへの道を作り始めています。
それぞれの結婚式で6人の子どもたちは
「お父さんとお母さんの子どに生まれてよかった」と言ってくれます。
でもわたしは子どもたちに感謝して返します。
「みんなのおとうさんでよかった」と。
 
 
 

  • 佳き思い出の多い人生は、振り返っても達成感があっていいですね。 -- 昼寝ネコ 2014-02-05 (水) 00:29:40
  • 弱い立場になったときの親切は身に沁みますね。それがわが子であれば尚更のことです。これから待ち伏せされる(?)老後も平気ですか?先日片道40分間くらいの距離を孫たちと川べりを歩いて陵南公園に行きました。帰りは生協でパンを買ってその2つの袋を持つ長女(3年生)と私の重いバックを5歳の次男が肩に背負ってくれました。途中で2人の姉に交代してもらいましたが、身軽になった私はとても楽ちんでした。孫っていいもんですよ。
    (孫自慢もいい加減にせい?) -- ばばばか 2014-02-06 (木) 21:25:50

認証コード(1080)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional