穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

14021201岸野みさを

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ 画像の説明

2014.02.12 その他「福音の回復」 投稿者:岸野みさを

いざ救いの日を楽しまん
 
 
福音の回復 
 
 
 
岸野 みさを
 
            
 少年預言者ジョセフ・スミスが天父と御子にまみえることによって、万物更新の時代の幕が開きました。「神が聖なる預言者たちの口を通して、昔から預言しておられた」すべてのことが回復され(使徒3:19-21)すべてのものはキリストにあって一つにされようとしている(エペソ1:10)「時満ちる神権時代」の開幕です。主は「天にあるものと地にあるもののすべてを一つに集める」と言われました。(D&C27:13、)
 黙示者ヨハネは「私はもう一人の御使いが中空を飛ぶのを見た。彼は地に住むもの、すなわちあらゆる国民、部族、国語、民族に宣べ伝えるために、永遠の福音を携えていた。」(黙示14:6)
エフライムの木の記録の鍵(D&C27:5)を持つモロナイがこの預言の成就としてジョセフ・スミスを訪れ、「モルモン書」の回復をもたらしました。(D&C133:36-40)「モルモン書」の出現によって、エゼキエルの預言の通り(エゼ37:15-20)今私たちは片方の手に「ユダの木」すなわち「聖書」を持ちもう一つの手に「エフライムの木」すなわち「モルモン書」を持って二つを合わせてイエスがキリストであることを証し、主の「大いなる驚くべき業」に参画しているのです。
 回復の天使はモロナイだけではありません。バプテスマのヨハネはジョセフ・スミスとオリバー・カウドリにアロン神権を授け、ペテロ、ヤコブ、ヨハネはメルキゼデク神権を授けて、神権が回復されました。メルキゼデクはアブラハムに神権を授けた人物であり、サレムの王(アル13:17-18)でした。「神の御子の位に従う聖なる神権」(D&C107:1-4)がメルキゼデク神権と呼ばれ、この神権の存在が教会の真偽を判別することになります。そして過去の神権時代のすべての鍵、イスラエルの集合や、結び固めの鍵が 回復されました。
 1830年4月6日イエス・キリストの教会が回復され、ダニエルが示現の中で見た救い主再臨直前の地球の歴史の最後の時期における神の王国(ダニ2:44-45)人手によらず山から切り出された石が全世界に満ちて神の王国が設立されたのです。ジョセフ・スミスは「私は自分をダニエルが主のみ言葉によって述べた王国を打ち建てる器の一人であると思っている。」と述べました。
 マーチン・ハリスが金版から移し取った文字と翻訳を持ってコロンビヤ大学のチャールズ・アンソン教授を訪ねたとき、アンソン教授はこの文字は本当の文字であり、翻訳も正しいといって証明書を書いてくれました。しかし皆さんもご存知の通りその金版を天使から受け取ったことを聞くや否や「今どき天使の働きのようなものはない!」といって証明書を破棄しました。(歴史1:64-65)「今どき天使の働きのようなものはない。」「この時代に示現や啓示のようなものはなく、そのようなものはすべて使徒たちで終わっており、今後決してそのようなものはない。」(歴史1:21)
 ジョセフ・スミスは「神の力によって、私は象形文字からモルモン書を翻訳しました。私は世から失われた知識を翻訳していたのです。そのすばらしい出来事のなかで、無学な若者である私はたった独りで立ち、この新たな啓示を携えて、この世の知恵と、そして、18世紀もの間蓄積された無知と闘ったのです。」(歴代大管長の教え、ジョセフ・スミスP、60)1800年間もの間蓄積された無知とたった独りで闘ったのです。後に、モロナイが三人の証人に金版を一枚一枚めくりそこに刻まれている文字をはっきりと確認できるようにされたことについてジョセフは両親に「お父さん、お母さん、わたしがどんなに嬉しいかわかりますか。主があの版を三人にお見せになったのです。…私が人々を欺こうとしているのではないと身をもって知ったのです。一人では耐え切れない大きな重荷を取り除かれたように思います。もう自分がこの世で全くの一人きりではないことが心から嬉しいのです。」(歴代大管長の教え、ジョセフ・スミスP、127)
 ジョセフ・スミスに天が開かれてから、忠実な人々は示現や啓示、天使の働きを受けてきました。この状態は「今どきそんなことはない。」のではなく「時が続くかぎり、大地が存在する限り、地の面に救われる人が一人でもいる限り」(モロ7:36)終わることがないと主がおっしゃっているのです。
回復に於ける「モルモン書」の一つの目的は「聖書が真実であることを立証し、またその中から取り去られた分りやすくて尊い部分を明らかにする。」(1NE13:40)ことでした。全世界のクリスチャン人口22億の人々にこれ以上のスーパーメッセージが他にあるでしょうか。
 「あなたがたの律法には二人による証言は真実だと書いてある。」とキリストはパリサイ人に指摘されました。(ヨハ8:17)「モルモン書」はイエス・キリストについてのもう一つの証であり、「ユダヤ人と異邦人に、イエスがキリストであり、永遠の神であり、すべての国民にご自身を現されることを確信させるものである。」回復の預言者ジョセフ・スミスは「ただイエスは別として、この世に生を受けた他のいかなる人よりも、この世の人々の救いのために多くのことを成し遂げた。…。
 彼は神とその民の目に偉大な者として生き、偉大な者として死んだ。」(D&C135:3)イエス・キリストの御名によりお話しました。アーメン
 
 
 

  • いつも感心させられるのは、聖典から聖句を自在に引用される点です。一体、どのような頭脳構造なのかと、不思議に思っています。私なんか、書いてあったことをぼんやりと憶えているものの、どこにあったかなんて全く視野の外です。 -- 昼寝ネコ 2014-02-12 (水) 13:27:42
  • 昼寝ネコ様
    おっしゃる通リ、単に「どこに書いてあったか」を大体覚えているだけで、見当ををつけて辞書を引くみたいに聖典をパラパラ開くだけのことです。つまり、自在ではないということです。 -- 岸野みさを 2014-02-12 (水) 15:33:29
  • 福音の回復について、このようにしっかりとまとめて書かれてあると、知識のない私は大いに勉強になりました。これを全部覚えるのにも一苦労なのですが・・・聖典の引用と知識にはいつもすごい!としか言いようがありません。また教えてください。 -- としえ 2014-02-15 (土) 12:12:35
  • としえ様
    生き字引のような方もいらっしゃいます。私は主の御言葉(御心)を知りたいという一心だけのことです。 -- 岸野みさを 2014-02-15 (土) 12:59:41

認証コード(2227)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional