穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

14102201まこと

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ 画像の説明
2014.10.22 エッセイ「学ぶことは備えること(2)」投稿者:まこと
 
東アジア地勢図〜学ぶことは備えること(2)  
 
 
まこと

日本がひっくり返っている!?地図を初めて見た。
東アジア地勢図だ。
天気予報で使われている地図が、わたしの知っている日本。
だから、とても衝撃的だった。
日本をどの方向から見るかで、かなり印象が変わる。
中国、朝鮮半島が、妙に近く感じる。
隣国からは日本はそのように見えているのだ。
中国にとって、太平洋への出口を確保するためには、
尖閣諸島や台湾は
重要なことがわかる。
中国では海洋戦略上、第一・第二列島線という観念がある。
第一は九州を起点に沖縄、台湾、フィリピン、ボルネオ島に至るライン。
第二は伊豆諸島を起点に小笠原諸島、グアム、サイパン、
パプアニューギニアに至るライン。
中国は尖閣諸島だけでなく、最近は小笠原諸島にまで
領海侵犯を繰り返している。

 *参考データ:待望「東アジア地勢図」 - main
  http://www.jfss.gr.jp/news/map/map.htm
画像の説明

  • こういう視点からの地図は初めて見ました。有難うございます。大局的に見ますと、新規参入が実質的に阻まれてきた、つまり既得権経営として守られてきたマスメディア、とくに新聞社とテレビ局の長期凋落が始まっているようです。いろいろな個人の皆さんの努力で、一般市民の間に、今日本がどのような位置に置かれているかの実態が、知らされつつあります。それはとても歓迎すべきことだと思っています。引き続き、新たな発見を教えてくださるよう、宜しくお願いいたします。 -- 昼寝ネコ 2014-10-22 (水) 23:07:09
  • まこと様
    確かにこれでは「大陸に付属する小島」の感があり、中国が「小国日本」と呼ぶ侮蔑語も
    うなずけます。22日の産経新聞に「中国が南シナ海のスプラトリー(中国名南沙)諸島で、ベトナムなどと領有権を争う岩礁ファイアリークロス(同・永暑)礁を埋め立て面積が同諸島で最大になっていると21日付の台湾各紙が報じた」と掲載されていました。
    「同礁は中国の軍事拠点で400トン級の船舶が停泊できる埠頭やヘリパッドがあり、海軍陸戦隊(海兵隊)約200人が駐留している。報道は今後、戦闘機が離着陸できる滑走路の建設や対空ミサイルの配備、埠頭の拡充が進み、『南シナ海防空識別圏』が設定される可能性があるとの軍事専門家の見方を伝えている」 -- パシリーヌ 2014-10-23 (木) 06:23:38
  • 日本人の平和ボケを正すためにもこのような視点から学ぶことは必要だと思います。今の政治家は自分の事ばかりで、日本の置かれている現状をどこまで認識しているのか疑わしい限りです。プロパガンダでは完全に劣勢に立たされていることを深く憂慮しています。子や孫の代まで今の日本を残すために国民一人一人がしっかりと考えなければと思います。 -- びわなまず 2014-10-23 (木) 18:19:40

認証コード(5617)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional