穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

14120401イツモゲンキ

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ 画像の説明

2014.12.04 エッセイ「霞まない思い出、霞む景色」投稿者:イツモゲンキ
 

画像の説明

霞むビル

霞まない思い出、霞む景色
日本を去って北京で暮らしている友人からの手紙
 
 
イツモゲンキ
 
「今までのことはすべて思い出になる。」友人の車のドアを閉めて、一人で荷物を引っ張って駅に入った。頭を壁にもたれかけて、窓から眺めている空港へ行く途中の景色は、スライドみたいに僕の頭に入ってきた。日本を離れたあの日のこと、まだ記憶に留めている。

帰国してから、もう二年間余り経った。この二年間、人並みの生活をしている。卒業、大学院留学準備、入学辞退、就職、人生の歩くべき道を歩いている。

ある日の朝、カーテンを開けて、こんな景色を見ればどう思うだろうか。
「目の問題がまた出たんじゃないか」ってビックリさせられた。(注:彼は目の病気で視力が落ちることがあるので)

「毒ガスの中に行ってくる!」マスクをかけて家を出て、毒の霧にまとわりつかれながら会社に行くのは日常茶飯事だ。より多くの経済成長率を遂げるための黒い煙が、たぶん市外の煙突からどんどん噴き出しているのだろう。「健康よりお金は大事」ってのはこのどうしようもない現実から学んだものだ。  
でも、大気汚染ばかりではない、時々晴れの日もある。風が吹いてくれて霧が晴れる。そんな時に、マスクを外して友達を誘って食事に行ってきた。大好きな料理を口に入れた瞬間に、霧によって傷つけられた心が少し癒えたような気がした。

最近、会社の窓から遠くの景色を眺めていると、時おり幻が現れる。タイムマシンに乗り、数十年前に戻って、昔の故宮を見ている幻だ(その時は気がつかない内に大きく深呼吸している)。でも、現実は変わらない。

今に戻ってみよう。この間、北京の地下鉄運賃の値上されるという話が聞こえてきた。残念だよね。2元だけで地下鉄でどこへも行ける時代が本当にもうすぐ終わる。生活は大変なんだ。

それじゃ、今回はここで終わりにする。今度、会社の事をいろいろ書いて教えるよ。お楽しみにしてください。
 
 

  • 投稿を有難うございました。
    中国も韓国も、何かと話題を提供してくれますが、北京での日常生活のリアルな1シーンを垣間見ることができたような、貴重な文章でした。空も空気も実際に大変なんですね。認識を新たにしました。 -- 昼寝ネコ 2014-12-04 (木) 22:27:16
  • イツモゲンキさま
    この方は中国人のようですが日本語の文章力がずば抜けていますね。日本の文学作品のように情景の見える文章です。こうした優れた人々は櫻井よし子氏の以下のようなメッセージをどう読むのでしょうか?
    「~11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で訪れた北京で『大平洋は米中二つの大国を受け入れる十分な広さがある』との表現で新型大国関係を求めた習主席に『同意する』と述べ、実質的に中国の要望を受け入れたのだ。アメリカの後退が生み出した政治的、軍事的空白に、間髪を入れず浸出してくる異質の価値観の中国やロシアとどう向き合うのか、日米関係を重要なが外交の基軸としながらも、あらゆる面で日本自身の力を強化しなければならない。その第一歩が14日の衆院選挙における選択である。
     そう思って読めば民主党の公約は論外だ。外交・防衛に関して民主党は『他国に脅威を
    与えるような軍事大国とならない』と公約し、安倍晋三政権による集団的自衛権の限定的行使容認の閣議決定を撤回すると明記した。
     他国に脅威を与えているのは中国であろう。アジアのおよそすべての国々はそう実感している。だからこそ対中抑止力の構築で日本への期待が高まるのだ。フィリッピン、ベトナムへの海上警察能力向上のための支援やオーストラリヤとの新型潜水艦の共同開発がどれほど歓迎されているかを、民主党は正視すべきだ。民主主義、自由、国際法を基本としてアジアの平和維持に貢献する力を各国は日本に求めている。そのような目的に資する行動を、憲法・法律上可能にしていくことが日本の責務である。(抜粋) -- パシリーヌ 2014-12-05 (金) 07:00:44
  • イツモゲンキさま、北京での生活の様子を伝えてくださり、ありがとうございます。深いスモッグの中、苦労の多い日々を過ごしておられる姿がうかんできます。できるだけ早い時期に改善されることを願っています。中国へ行く機会が遠のいた私は、このような便りを読むことによって旅行にかえています。また、便りを寄せてください。 -- 沼野治郎 2014-12-05 (金) 21:21:15

認証コード(2478)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional