穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

15030701沼野治郎

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ 画像の説明
2015.03.07 詩・散文「わたくし流の悠々自適」 投稿者:沼野 治郎

わたくし流の悠々自適
 
 
沼野 治郎
 
わが晩年の日々は
聖文と言葉の研究に
終始する

日曜学校会長と
時に果たすレッスン教師
これがわが教会に於ける生き甲斐

もう一人のわれ
春夏秋冬公園の草取りにいそしむ
街の美化と奉仕を喜びとするからである

外つ国で教え子に
「恵まれていますね」と言われた如く
われは気付かぬ幸せに浴している

[説明]

  • 1節、四大聖典を学ぶ時、原文参照、注解書・参考書を併せ読むことが大きな楽しみである。そして外国語学習が好きな私は、聖書の原語のほか現在ラテン語とアラビア語を少しづつ独習している。(また、読書に漢詩、日本の古典も加わった。)
  • 2節、ワードの日曜学校会長を仰せつかっている。成人クラス(福音の教義クラス)が充実した楽しい学ぶ機会となるよう努力している。変化に富んだ、何か新しいことが学べる機会、出席者が意見・感想を述べて参加できるクラスになればと工夫している。
  • 3節、近くの公園に出かけて、庭園の芝生がきれいに行きわたるようにしようと数年来努めている。雑草に覆われていたのが、少しずつきれいになり始めたのではないかと思っている。
  • 4節、中国で日本語を教えていた時、生徒に家族の写真を見せたり、年金生活を送り始めていることを話したりすると、先生は恵まれていて幸福ですね、と言われた。その時はまだ今より健康でもあった。外から見た感想は真実を言い当てている。社会にお返しする気持ちもあって、公園の草取りをひたすら続ける高齢者モルモンである。
  • 沼野治郎兄弟
    投稿を有難うございます。人生が高齢という時期にあって、そのような心境になれるというのは、なかなか羨ましいことです。知識欲は、私自身見習わせていただきます。ますますご活躍ください。 -- 昼寝ネコ 2015-03-07 (土) 22:09:58
  • 貴サイトに掲載される栄誉と励ましの言葉に感謝致します。(詩作の修練を積んでいないため素人の域を出ません。ご容赦を。) -- 沼野治郎 2015-03-07 (土) 23:04:32
  • 沼野治郎兄弟
    前を向いて生きていると、学びや奉仕の場から新しきことの発見があり、己を前進させるパワーが生まれ、ひいては幸せと平安を勝ち得るという、悠々自適の沼野兄弟の人生にバンザイ!とエールを送ります。聖書の言語とはヘブライ語ですか?学びたい言語です、と思いながら終盤に至るわが愚かしさ…。 -- 岸野みさを 2015-03-08 (日) 17:07:33
  • ヘブライ語とギリシャ語です。今ではほんの少し、1節の出だしとかキーワードを確かめる程度です。 -- 沼野治郎 2015-03-08 (日) 21:20:31
  • 沼野兄弟の美しい生き方に感銘をうけました。多少毎日聖典を読んでいますが、研究!には程遠い読み方です。まだ働いていて時間を管理されてる生活です。私の希望の晩年生活は 日向ぼっこしながら聖典読み、少し針仕事、訪問してくれる若い人達とお家ごはんを
    したり、平日に神殿参入したり、そんな事を夢見てます。私より若い沢山の人がそれを実現していまが、私には、まだ来ていません。沼野兄弟の事を知り、私の晩年生活の見直しをすることしましょう。
    -- にほんすみれ 2015-03-14 (土) 10:41:25
  • それぞれの晩年生活、できるだけ健康に、豊かに暮らせるといいですね。すみれさんの夢、素晴らしいと思います。きっとそのようになると信じます。 -- 沼野治郎 2015-03-14 (土) 18:31:47

認証コード(1383)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional