穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

15032801昼寝ネコ

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ 画像の説明
2015.03.28 エッセイ「ちょっぴり贅沢でセレブな気分」投稿者:昼寝ネコ

"Yo Soy Maria" di JULIA ZENKO

ちょっぴり贅沢でセレブな気分
 
 
昼寝ネコ

器械には耐用年数というものがあるらしい。
考えてみたら、そんなことは完全に無視している。
壊れたら買い換えるという、乱暴な発想だ。

社内のビジネスフォンが今年の第1号だった。
NECのはおそらく15年は使っていたはずだ。
NTTの製品に全面交換したが、工事日の
前日だったかに、旧い電話機と主装置が
とうとう他界あそばされた。
いやあ、永年お疲れさまだった。
実によく働いてくれた。

社内にはプリンターが何台もある。
インクジェットプリンターの1台が、印刷時に
汚れが出てしまい、あれこれ試したが
品質的に、商品の印刷には無理だと判断し、
入れ替えた。

bluetooth対応のヘッドセットがある。
最近、skype通話中に雑音が入るようになり、
どうしようか考えていた。
昨晩とうとう、将棋の師匠と通話を始めた瞬間、
パタッと息絶えてしまった。
どうやら7年か8年お世話になっていたようだ。

さてどうしようか。

一緒に仕事をしている次男の得意分野らしく、
いつの間にか他にいくつものオタクカテゴリーを
作っていた。

彼によるとBOSEがお勧めだという。
えっ?ぼうず?
坊主が上手に屏風に坊主の絵を描いた?
それは関係ない?
値段を聞いて驚いた。
amazon.comでは数千円でbluetooth対応の
ヘッドセットを買えることは知っていた。
10倍まではいかないが、ほぼそれに近い。
「ヘッドセットにそんな贅沢はできないよ」

すると次男の講義が始まった。
何やらBOSEはとてもこだわりのある会社で
値段は高いが、音質もいいという。
そういえば過日、山手ゲーテ座で朗読劇の
モノローグをしたいなと考え、BGMを
どうしようかといったら、そこでBOSEの
スピーカーの話をしていたのを思い出した。

次男の講義はなおも続く。
「これはもともとiPhoneとiPad専用に
作られていて、外出先でもiPhoneでskypeの
アプリを立ち上げれば、どこでも通話できるよ」

「お前、いつからBOSEの営業マンになったんだ?」
とはいわなかったが、次々と熱心に商品説明をする
次男の説明を聞くうちに、段々ほしくなってきた。

月末直前だし、今月から来月は何かと出費も多い。
タイミングがいいのか悪いのか、どっちだろう。
老母の口座に預かっている大金があるのを思い出した。
今月は大学院の授業料で使い込んでしまったが
まだ多少の残高があるのを思い出した。
自分にもしものことがあっても、飛行機で来てくれと
私と家内二人分の飛行機代を入金していたのを
思い出したのだ。

昨晩、老母に電話して謝罪した。
「悪いね、葬式の時の飛行機代を全部使っちゃったよ」
彼女は可笑しそうに笑いながらいった。
「そんなのいちいち報告しなくていいから。
口座にちゃんと戻してくれればいいから」
「悪いね。でも何年かかるか分かんないから、
それまで我慢して死なないでいてくれよね」
また可笑しそうに笑いながら、
「あいよ」
といって、私もつられて笑いながら電話を切った。

今朝、次男から手提げ袋を渡された。
昨日は風邪の症状が酷かったのに、わざわざ
二子玉川にあるBOSEの直営店に行って
買ってきてくれたという。

早速、必要な設定を行い、おかげで
耳にとってはとても快適な環境になった。

少しして、何気なく足許のゴミ箱に視線を移した。
真新しいBOSEのヘッドセットで音楽を聴く私と
「高価格の」ヘッドセットを、無言で見上げていた。
・・・ような気がした。寂しそうなヘッドセット。

アホな私はゴミ箱から拾い上げ、軽く頭を下げた。
「長いこと、ありがとね」
そして何か必要があったときの退役予備兵として
保存しておくことにした。
器械にまで感情移入してしまう自分は変人だろうか。

昨年、BlackberryをiPhoneに変更したとき、
もう必要ないと思って捨てようとした。
でも捨てきれず、自分の博物館所蔵品だと考えて
保管しておいた。
その後、会社専用の携帯電話として復帰し
今は現役で働いてくれている。

さてと。かくいう私だって、もうじき
耐用年数が到来することになる。
寝たきりになるか、廃人同様になるか、
半身麻痺になるか、まったく予測できない。

そんな私を見て、家族はどう考えるだろうか。
子どもたちも孫たちも、もしちゃんと
私の心情的DNAを受け継いでいたなら、
少しは憐れみと慈愛の気持ちで
優しく接してくれるだろうか。

少なくとも一度はゴミ箱に入ったヘッドセットと
携帯のBlackberryだけは、私に対して
冷たい視線を向けないだろうとは思う。
そう期待している。
 
 

  • 昼寝ネコさま
    三代の楽しい会話に「家族っていいね」と感じました。 -- パシリーヌ 2015-03-28 (土) 13:17:01
  • パシリーヌさん
    なんたって秒読みの年寄りを二人も抱えていますので、ひたすら先送りを念じている毎日です。 -- 昼寝ネコ 2015-03-28 (土) 22:31:45
  • 最後の三段落心身に応えました。ひとごとではありません。期待するからショックも大きい。「もてあましたら施設に入れてくれてイイよ」ぐらい言っとけば気が楽でしょう。『意地を張り とぼけていたら とが取れた』『人生も 夕暮れ時で 闇せまる』 -- 〇〇爺 2015-03-29 (日) 15:46:32
  • 〇〇爺さん
    個人差はあるでしょうけど、確かに先は分かりませんね。90歳の老母に冗談で「今からでも再婚したら」というと、「あいよ」とケタケタ笑ってました。 -- 昼寝ネコ 2015-03-29 (日) 17:36:52

認証コード(0897)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional