穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

15032901爺燃ゆ

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ 画像の説明
2015.03.29 エッセイ「ある春の物語〜公園にて」投稿者:爺燃ゆ

ある春の物語〜公園にて
 
 
爺燃ゆ

次男家族の引越しを手伝う娘夫婦の孫のめんどうを見た。近くの公園で数時間。5歳と3歳の孫娘。広い公園で砂場があり、遊具もある。ふたりで固まって遊んでいるときはイイが、ばらばらになると目が離せない。
裸足になり砂場を走る、座る、寝転ぶ。もらす、ころぶ、泣く。すべる、抱っこする、手をつなぐ。
5歳の年中さんが「対象年齢小学生以上」のロープタワーに登る。ロープをつないだだけのタワー。有ろうことか怖いもの知らずの幼稚園児はてっぺんまで4回登る。誇らしげに胸を張って足を挙げてじゃなく、手を挙げて「ママァ〜」と叫ぶ。高さは2階建て住宅の屋根の上!
足を踏み外したら、ロープを掴み損ねたら、押されてからだが傾いたらと、妄想が広がる。「早く早くおりてきなさい!」下で手を広げて絶叫するじいじの身にもなってぇ〜〜
かくして服も顔も髪の毛も浮浪児と見間違うちびっこギャング姉妹は「またあえたねぇ」と15分後の再会にひしと抱き合うのでした。
あぁ〜頭いてぇ。
 
 
 

  • 私は高所恐怖症なので、お孫さんは凄いと思いました。でも、ある意味ではそのように過ごす時間が与えられ、佳き人生なのではないでしょうか。 -- 昼寝ネコ 2015-03-29 (日) 17:47:59
  • 爺燃ゆさま
    ハラハラドキドキですよね。ママが一緒にいたのですね?うちの爺なんかみじめというかショックというか、4月で4年生になる小柄の孫娘をつれてセブンイレブンに行ったとき、どこかの爺さんが二人をジロジロみていて、うちの爺が何じゃ?と思ったが何事もなかったというのです。孫娘は爺には何も言わなかったそうですが、家に帰ってママにそのことを伝えると「言わなくちゃダメじゃない、爺でも誰でも近くにいる大人に言わなちゃ!」と叱りました。なんでジロジロ見ていたのかしら?と私が聞くとママは「孫に見えなかったんじゃない?」そうか、腰の曲がりかけた爺だからか? -- パシリーヌ 2015-03-29 (日) 21:29:31

認証コード(2962)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional