穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

15121901 歩く人

穀粒記者レポートトップへ

2015.12.19 穀粒記者レポート「クリスマスメッセージ2015 夢:大自然に浸る」投稿者:歩く人

夢:大自然に浸る

Screen Shot 2015-12-20 at 9

夜空に輝くひときわ明るい星。
東方の博士たちを誕生されたイエス様の所へ導かれました。今は聖典で当時のことを伺い知り、預言者からの啓示に現代の生活に活かされ、私たちはイエス様の恩恵を沢山受けています。大空の星、いにしえは、いや近代の始めの明治の頃までは満天にまばゆい無数の星々を眺めることができたでしょう。深々とした夜の草原の道を、浜辺の砂地を、沖を航海する船の頭上に、森を行けば木立の間からも見え隠れする星に人々は、神聖な気持ちをいだいて何かを感じていたのかもしれません。私も浸りたい。でも街中では望みかなえず、街を離れても、どこへ行っても現代の灯が煌々と放たれている。あたりは真っ暗ではない。灯の見えない所で満天の宇宙を心行くまで眺めたい。どこか遠くへ山登りをすれば観えるのでしょう。そこで寝転んで眺めたい。大自然に身を置き、イエス様の時代を、更にモーセの時代を、アブラハム、ノア、アダムの頃に想いをはせて主が創造された大宇宙に思いっ切り身を任せたい。… 夢はいくつも、あれこれ欲しいものがあって、その中でイエス様の時代の風景を感じることが出来るのは満天の星を眺めること。山奥のひなびた温泉に行けたら、露天のお湯に浸りながら巡り動く天を心ゆくまで満喫… さあ、望みかなえられるか、楽しい夢をみながら、また日は暮れ夜は明ける。
さて、星を撮るのは当面かなえられないので、雑木林をご覧ください。どこでしょう、軽井沢? いえいえ行こうと思えばいつでも行ける、なんと皇居東御苑です。いにしえをも思わせるすばらしい雑木林です。皇居周辺にお出かけされた時は、ぜひ行かれてみてください。とても落ち着きいやされます。大東京のオアシスです。クリスマスのこの時期は、枯れ葉模様の木々の間から木漏れ日が… 一時の自然に浸れます。
歩く人

  • 自然に身を浸し、森林に心をとかす。人はときに自然に対して無力であるが、神の創造物は魅力に満ちている。1分間天空を見上げると、1分間風に耳を傾けると、1分間花の香を楽しむと、神の存在を知る。 -- 赤鼻の小堺 2015-12-20 (日) 16:10:30
  • 歩く人さま
    皇居東御苑はこのような閑静な雑木林でしたか。健脚を誇ったのは、今は昔、代わりにこうして、あなたさまの一枚の写真で散策できるのが唯一の楽しみになりました。
    -- パシリーヌ 2015-12-20 (日) 16:41:01
  • 撮る人の想いを切り取るカメラはとても魅力的です。わたしも満天の星空を見上げて宇宙を感じたいですが、澄みきった空を取れるかどうかある意味怖いです。 -- ふわふわの 2015-12-24 (木) 08:26:28

認証コード(2943)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional