穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

16030901トク☆オタ

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ

2016.03.09 絵画・イラスト・マンガ「失われた116ページ」 投稿者:トク☆オタ

画像の説明

コピー・印刷・転載 不可につき御入用の方は事務局までご連絡ください。

 モルモン書を翻訳した116ページの原稿紛失  歴代大管長の教え ジョセフ・スミス P、62-63 より

1828年6月14日までに、ジョセフ・スミスはモルモン書の版からの翻訳で116ページの原稿を仕上げていた。
そのとき、この神聖な記録を世に出すに当たって神の導きの手について預言者に大きな教訓を与える一つの事件が起きた。預言者は次のように記している。
 「ハリス氏は筆記者となってしばらくすると、原稿を家に持ち帰って家族に見せるのを許可してほしいとしきりに求めるようになりました。
そして持ち帰ってよいかを、ウリムとトンミムを通して主に尋ねてほしいと頼んできました。
そこで私が尋ねると、そうしてはならないという答えでした。
しかし、ハリス氏はこの答えに満足せず、もう一度尋ねてほしいと願いました。
わたしはそのようにしましたが、答は以前と同じでした。
それでもなお彼は満足できず、もう一度尋ねるように強く求めました。
 大いに懇願された末、わたしが再び主に尋ねると、特定の条件のもとで原稿を持ち出してもよいという許可が与えられました。
その条件とは、ハリス氏が原稿を見せてよいのは、
 彼の兄弟であるプリザーブド・ハリスと彼自身の妻と、両親と、妻の姉妹であるコブ夫人に限られるというものでした。
この最後の答えに従って、わたしはハリス氏に、支持されたことのほかは行わないことを、この上なく厳粛な形で誓約によってわたしに誓うように求めました。
 彼はそのようにしました。ハリス氏はわたしが求めたように誓い、原稿を持って出て行きました。
ところが、大きな制限が課せられていたにもかかわらず、またわたしと厳粛な誓約を交わしていたにもかかわらず、ハリス氏はほかの人々にも原稿を見せ、策略によって彼らはハリス氏から原稿を奪い、それらは今日に至るまで取り戻されていないのです。」(History of Church 第1巻21)
モルモン書の初版のはしがきの中で、預言者は116ページが失われたことによって神の目的がくじかれることはないと宣言している。
 「モルモン書に関して多くの偽りの報告が広められており、また邪悪な腹黒い人々によってわたしを滅ぼし、業を損なおうとする多くの不法な手段が講じられていることから、わたしは次のことをお伝えする。
わたしは神の賜物と力によって、リーハイ書から116ページを翻訳し、書き取らせた。
それはモルモンの手によってリーハイの版から短くまとめられた記録であった。
この記録は、ある一人または複数の人物によって盗まれ、それを取り戻そうとするわたしの最大限の努力にもかかわらず、なおわたしから隠されている。
―そして主はわたしに、同じ記録をもう一度翻訳してはならないと命じられた。
サタンがそれらの人々の心に、主なる彼らの神を試みさせようとする思いを入れたからである。
 言葉を書き換えることによって、それはわたしが翻訳して書き取らせたものとは反対の意味になっていたのである。
もしわたしが再び同じ言葉を訳出すれば、言い換えれば、もしわたしが同じものをもう一度翻訳すれば、彼らは自分たちが盗んだものを出版し、サタンはこの時代の人々がこの業を受け入れないように彼らの心をそそのかすであろう。
しかし、見よ、主はわたしに次のように言われた。
 『わたしはサタンがこのことについて悪計を遂げるのを許さない。それゆえ、あなたはあなたが翻訳して所持している部分に至るまで、ニーファイの版から翻訳しなければならない。そして見よ、あなたはこれをニーファイの記録として出版しなければならない。このようにして、わたしは、わたしの言葉を書き変えた者たちを辱めよう。わたしは彼らがわたしの業を損なうのを許さない。まことに、わたしの知恵が悪魔の狡猾さに勝っていることを彼らに示そう』(教義と聖約10:38-43参照)
したがって、神の命令に従い、わたしは主の恵みと憐みによってこの件に関して主がわたしに命じられたことを成し遂げたのである。(モルモン書の初版(1830年版)はしがき
原文)

  • トク☆オタさま
    人の悔い改める姿は実は美しいのだ、ということをこの絵を見ていて感じました。醜い罪に対して悔い改めはかくも美しく、救いの業のご計画の主の慈愛は計ることが出来ません。 -- パシリーヌ 2016-03-10 (木) 15:00:14
  • ハリスのモヤモヤ感が笑える(^_^)。 -- コニー 2016-03-11 (金) 08:28:23
  • コニーさま
    前回ハリスは爆笑され、今回も笑い者で?モルモン書を出版までに漕ぎ着けたのは
    マーティン・ハリスが(ジョセフを除いて)一番の貢献者と言われています。一時筆記者を勤め、アンソン教授に会いに行き、資金援助をし、農作業はほったらかし、それは預言者を助けるようにという霊感を受けたからです。しかし、この絵の如く天地が引っくり返るような事態を招いてしまった。 -- パシリーヌ 2016-03-11 (金) 17:12:33
  • トク☆オタさま
    ジョセフ・スミスの死も辞さないほど胸をかきむしって悔いる姿、マーティン・ハリスの取り返しがつかないことをしてしまって力が抜けた哀れな姿、更に、背景の迫力は二人が追い詰められた象徴のようで、スゴイ表現力だと思いました。 -- 森のたぬき 2016-03-11 (金) 18:44:42
  • トク☆オタ様
    毎回、表情の表現力が実にリアルですが、苦労して描いているのですか?それとも難なく手が勝手に描いているのですか?それとも目の前に見えてくるのでそれを見て描くんですか? -- KAZE 2016-03-11 (金) 18:51:40
  • 見ている者までこの絵の渦の中に巻き込まれそうで恐ろしい。 -- 古 2016-03-12 (土) 22:45:10

認証コード(6626)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional