穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

17020403情熱のビショップリック

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ

2017.02.04 エッセイ「すべてのことに感謝して、楽しげな心と表情をもって」 投稿者:情熱のビショップリック

 人生、生活をしていると「今日もやってもうた。あー、失敗したなぁ。うわー、ごめんなさい。なんて日だー」と自分自身でクヨクヨしてしまうことがあります。

 ここで、凹みそうになる時、感謝の言葉に置き換えて「おー、今日自分はよくやったな。いいこと学んだな。こんなドキドキする機会が与えられて、神様ありがとう。前進!前進!もっと成長できるぞ。」と独り言を叫んでいると、何の根拠もないのですが、気持ちが上がってきて、力がモリモリ湧いてきます。

 実は、先日生まれて初めてステーク大会夜の部でお話をさせて頂きました。どうも人前で話すのが楽しくて、イエス様の証よりも自分自身のズッコケ体験談の比率が高くなってしまい、「やってもうた。すみません。敬虔な雰囲気を崩してしまったー。」とがっかりしていました。そんな時、高尾の心優しい会員や宣教師たちが「いやー話よかったですよ。元気出ましたわ。」と明るく励ましてくださいました。そこから気持ちを一気に切り替えて自転車をこぎながら「今日は、楽しかった。みなさん聞いてくださってありがとう。この機会が頂けてありがたい。ありがたい。自分はよくやったー。」叫びながら気持ちを盛り上げて、激こぎで帰ったところ、町田の教会から自宅まで最速タイム45分を記録してしまいました。(笑)
 この体験から、私たちは、クヨクヨ凹むことよりも感謝すること(プラスの言葉や表情、動作)を選んで、生活した方が楽しい毎日になるなぁと学びました。

 すべてのことに感謝して、楽しげな心と表情をもって(教義と聖約 59章15節)ワクワクした毎日を送れるといいですね。

ビショップリック 第一顧問
横沢 一毅

  • 今日学んだヒンクレー大管長のメッセージと同じでびっくりしました。同じみたまが告げるのですね。 -- 岸野みさを 2017-02-05 (日) 21:05:54

認証コード(2958)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional