穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

17032701なでしこアクション

穀粒記者レポートトップへ

2017.03.27 穀粒記者レポート・『欧州初 ドイツ・ウィーゼント慰安婦像 撤去を求めます!』投稿者:なでしこアクション

【1】欧州初 ドイツ・ウィーゼント慰安婦像 撤去を求めます!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
昨年ドイツのフライブルクで慰安婦像設置に失敗した韓国水原市の「ドイツ平和の少女像水原市民建立推進委員会」が、バイエルン州ウィーゼント市(Wiesent/人口2500名)のネパール・ヒマヤラ・パビリオン園に像を設置し、3月8日に除幕式を開きました。

ネパール・ヒマヤラ・パビリオン園は、ヴィルト家(Fam. Wirth)個人が経営する民間施設です。

ウィーゼント市のホームページにも載っている観光施設ですが、市長Mrs.Kerscherに問い合わせたところ、園について詳しくなく、慰安婦像についても知りませんでした。また、撤去を求めるメールを送ったところ、園に問い合わせるようにとの返信でした。

園の経営者Wirth氏はドイツで勲章を受けた方ですが、慰安婦問題は知らずに善意で受け入れたと思われます。
現在、園は冬季休園中で5月1日からオープンします。(開園期間5月1日~10月3日)
一般の入園者の目に触れるようになる前に、園とウィーゼント市に撤去を求めて働きかけができます。

外務省はかなり努力している様子ですが、楽観はできません。

ネパール・ヒマヤラ・パビリオン園とウィーゼント市に撤去を求めるメッセージのドイツ語例文を用意しましたので是非参考にしてください。
http://nadesiko-action.org/?p=11419

ウィーゼント慰安婦像に関する情報まとめはこちらをご覧ください。
http://nadesiko-action.org/?p=11351


認証コード(5775)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional