穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

17050301トク☆オタ

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ

2017.05.03 絵画・イラスト・マンガ「レーマン人への伝道<Preaching the Gospel to Lamanites>」 投稿者:トク☆オタ

画像の説明

コピー・印刷・転載 不可につき御入用の方は事務局までご連絡ください。

 モルモン書の主任筆記者として,オリバー・カウドリはこの書物がおもに「イスラエルの家の残りの者」である「レーマン人」のために書かれたものであることを知りました。モルモン書が出版されてから6カ月後の1830年9月に,オリバー・カウドリが,啓示によって「レーマン人のところへ行き,わたしの福音を宣べ伝え〔る〕」ために指示を受けた最初の人となったのは,その時点では適切なことでした。(教義と聖約28:8参照)。……

 ほかの初期の改宗者たちも,「神の目的は,ヨセフの家の残りの者たち,すなわち西部に住むレーマン人にとっても大いなるものであると知っていたので」,強い願望を示しました。これらの願いの答えとして,ジョセフ・スミスは別の啓示を受けました。そして,ピーター・ホイットマー・ジュニアが義理の兄弟であるオリバー・カウドリに同伴するように召されました。
 翌月の1830年10月に,パーリー・P・プラットとザイバ・ピーターソンも「荒れ野に赴いてレーマン人の中に」行くように召されました。彼らのこの困難な責任を助けるために,主は「わたし自身も彼らとともに行き,彼らの中にいるであろう」と約束なさいました。(教義と聖約32:2-3)

 インディアン強制移住法が1830年5月に制定されたため,アメリカ・インディアンの移住先となる新たな居住地域は,現在のカンザス州とオクラホマ州となりました。そこで,レーマン人に伝道する宣教師たちはミズーリ州インディペンデンスから西に行き,インディアン居住地域に行く計画をしました。

 (LDS.orgより引用)

  • 喜びの訪れを語る宣教師たちの力強い証が聞こえてくるようです。また、レーマン人たちの戸惑いも感じられてリアルな作品になりましたね。 -- パシリーヌ 2017-05-04 (木) 09:38:59

認証コード(2020)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional