穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

17090301岸野みさを

穀粒記者レポートトップへ

2017.09.03 穀粒記者レポート「「証の力(11)」投稿者:岸野みさを

(9月3日高尾ワードの断食証会に於ける証の抜粋)

T兄弟
 東京神殿に30分で行かれる場所に職場があります。夜の7時のセッションに間に合うように行くのですが、会議が終わらなかったりするときは焦ります。
 改宗した当時は九州にいましたので神殿参入は一大イベントでした。ラオスにいた頃は飛行機で香港神殿まで行きました。今年3月にバンコクに神殿が建設される発表がありました。さぞ、当地の会員たちは陸続きで行かれることを喜ばれたことでしょう。
 幸か不幸か9月で東京神殿は閉鎖されます。神殿参入の目標を持って、準備すればするほど参入した時の祝福は大きくなります。(筆者がお願いしたname card 4枚は毎日参入してエンダウメントを受けて頂き、又、次の6枚をお願いしてあります。ありがとうございます)

M兄弟
 新会員の家族歴史のサポートをしています。岩手県のある町役場の戸籍担当係りに電話して委任状などの必要書類を伺い、戸籍謄本請求の申請をしました。返信が来た時の喜びは子どもたちが伝道に出る時、伝道地が決まったことの通知が来た時のようなドキドキでした。ステークの指針のように4世代の謄本が整いました。

S姉妹
 YSAの全国カンファレンスに行ってきました。3泊4日で最初行きたいとは思いませんでした。私は泊まりが嫌い。食事に困る。友だちは皆結婚してしまったので話し相手がいない。知らない人に話しかけるのができない。体調が悪くなるのが心配だ。
 それでも、以前も気乗りがしなくても参加した後の良い経験を覚えていたのでお祈りをして参加しました。目標を持って参加しました。それは「人を助ける」ということでした。
人を助けると言っても、日頃、自分がよかれと思ってやっても、その人にとって役にたったのか疑問の時もあります。人を助けたいという目標を持って参加したのに、逆に助けられていたことが沢山ありました。カンファレンスで知り合ってこれから、友だちになれそうな人から「どうして自分を助けてくれたのですか?」と聞かれました。神様の神権者のように思えました。天の父は私たちを愛して下さり、祈りに答えて下さることを証します。

E宣教師
 祈りによってこの証を分かち合いたいです。2NE32:8に「あなたがたは、祈るように人に教えてくださる御霊に耳を傾けるならば、祈らなければならないことが分かるであろう。悪霊は祈るようにとは人に教えず、かえっていのってはならないと人に教える。しかし見よ、わたしはあなたがたに言っておく。あなたがたは気を落とさずに常に祈らなければならない。そして、主があなたがたの行うことを神聖にしてくださり、あなたがたの行うことが自分自身に幸いをもたらすものとなるように、キリストの名によってまず御父に祈らずには、主のためにどんなことも行ってはならない」こうして祈る時に啓示を受けることができます。

K姉妹
 私は2004年5月に他の宗派から改宗しました。仕事の関係で病気の人や問題のある人を訪問していました。Aさんを紹介してくれた友人と上手くいかなくなった時からAさんを訪問しなくなりました。モルモン書を渡さなくては、と何回も促しを受けていたのにそれに従いませんでした。先週の日曜日Aさんが亡くなったことを知りました。一週間も発見されず遺体にうじが湧いていたそうです。私は霊界での伝道について知りたいと思いました。教義と誓約138:18、19、30を読みます。

Y宣教師
 昨日美味しいラーメン屋に行きました。カバンを開けるとサイフがありませんでした。
サイフにはお金と外国人のカードなど大切なものが入っています。伝道本部の大田兄弟に電話しました。すると彼は「警察に行けばサイフはもらえます」と言いました。アメリカでは道にサイフを落とせば決して戻っては来ませんので信じられませんでした。警察に行くとサイフがありました。誰かがサイフを拾ってお金を取らずにそのまま警察に届けたのです。正直な人に感謝しました。全ての人間の関係には正直であることが必要です。友だち関係や家族、仕事の上でも同じです。神様はいつも信頼できます。100%正直です。

N兄弟
 1500人から1600人の大規模なYSAのカンファレンスに参加しました。沢山のボランティアが必要で、その奉仕の大きな力を感じました。キンボール大管長は「祈りの答えは他の人を通して来る」とおっしゃいましたが正にその通りでした。

B姉妹
 YSAのカンファレンスに参加して神さまの愛を感じました。以前カンファレンスで出会った友人に再会しました。バプテスマを受けて半年たっていました。二人で話す機会があり、彼女は自分の家庭環境のことを話してくれました。大変な環境でした。今もその中にいるのに、がんばっている彼女の姿に私は励まされました。彼女の仕事も大変で週6日間体を使う仕事でクタクタになるようです。別れた後も家族の関係が変わるように連絡をすると喜んでくれました。

S兄弟
 ステーク大会でみなさんはどんなメッセージを受けましたか?私は「讃美歌を歌いなさい」というメッセージでした。ステーク大会の後、弘前にある姉妹の父母のお墓参りをしました。おじさんが「一人気になっている人がいる」と言って資料を持って来て見せてくれました。何か行動を起こすときに祝福を受けます。


認証コード(2131)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional