穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

18061801岸野みさを

穀粒記者レポートトップへ

2018.06.18 穀粒記者レポート「日本は防衛力の強化が必須 藤井厳喜ブログより抜粋」投稿者:岸野みさを

現在の防衛論議を見ていると、自主国防力が小さいくせに、日本に必要のない力まで求めるような矯激な主張も見られます。私は日本に核兵器は必要であっても、空母を保有する必要はないと思います。中国海軍は対潜水艦防御能力が弱いため、空母遼寧は海上自衛隊の潜水艦でも十分に撃沈することができます。航空優勢が確保できていれば、尖閣諸島に中国海軍が進出してくることはありません。今ある場所を確実に守る態勢こそ、日本の防衛にとって重要なテーマです。

NATOの常識として、防衛費はGDP(国内総生産)2%が原則です。日本は三木内閣以来、防衛費をGDP1%に抑制していますが、これは何の根拠もない基準です。世界から見れば、日本の防御政策は落第であり、だからこそ、トランプは大統領選挙の時から日本に対して防衛費の増額を求めているわけです。

これからアメリカが極東地域から軍事的に後退していくことを考えて、自衛隊の部隊編成の見直しなど、自主防衛力強化に着手すべきです。

2017年9月1日発行藤井厳喜・宮崎正弘著『韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧』第6章 北朝鮮有事と日本の対応(政治・軍事・経済)ーP233

  •  どうしてもこの世の世界では『目には目、歯には歯』という低い思想しか持てないのでしょうか。なぜもっと隣人を愛す事を考えないのでしょうか。自分たちの世界だけで存続できるとでも考えているのでしょうか。この地球上にこれだけ多くの人間が住んでおり、神の目から見て必要のない人間などどこにもいないのに、人はどうして自分から自分だけが必要で他の人は必要ないと考えるのでしょうか。これも人の持つ高慢さでしょうね。神が人をお造りになられた事を人間自らの知恵で否定しているのですから人は救いには預からないでしょうね。私は憂います。 -- 工藤駿一 2018-06-19 (火) 15:33:07
  • 国際政治や軍事経済を考える上で「何を大切にするか」という思想(イデオロギー)を提示してくれる言論ですので、皆さまにご紹介しております。誰にも家族をはじめとする守るべきものがあり、自由、人権、法の支配は守るべきものを代表する共通の認識ではないでしょうか?この世に「反対のもの」が存在する以上、ただで国家の平和と安寧を勝ち得ることはできないのです。シオンもそれぞれの国家の中に存在しているので、国と国との関係の本質に対するベースとなる考え方が要求されると思います。勿論、仰る通り「隣人を愛する」という最大のテーマを忘れているわけではありませんし、「全能の主であるキリストの御名のほか、またその御名を通じてでなければ、どのような名も道も方法も、人の子らに救いをもたらすことはできない」(モーサヤ3:17)ことを知っています。私たちの日常の言動や働きをもって地域住民と世に貢献するときに、「救い主についての知識があらゆる国民、部族、国語の民、民族の間に広まる時が来る」(モーサヤ3:20)ことを信じています。 -- 岸野みさを 2018-06-20 (水) 17:06:49

認証コード(3361)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional