穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

18062302吉田 憲博

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ

2018.06.23 エッセイ「祝5周年記念― 柳田聰子姉妹の思い出」 投稿者:吉田 憲博

府中新聞サムエル2018年7月号に掲載した記事を転載 

柳田聰子姉妹の思い出  さいたまステーク坂戸ワード 吉田憲博
1919年1月30日生まれの柳田聰子姉妹は、浅草生まれで生粋の江戸っ子とよく自称しており、小学校から結婚するまで、ご両親と埼玉県浦和市に住んでおりました。三菱重工に勤務されていた藤吉兄弟と20歳で結婚して横浜、転勤で名古屋在住の時に伝道部の扶助協会会長として全国を訪問、藤吉兄弟が定年で伊豆の韮山、1978年にご夫妻は埼玉県坂戸市の東坂戸団地に引っ越して来られ、川越ワードに集われました。久しぶりに故郷の近くに戻ったのでした。
1977年にわたくしも川越ワードに転入し、松下泰洋ビショップのもとで顧問として奉仕しておりました。柳田ご夫妻は開拓者として多大な貢献をされ、また柳田姉妹はお父さまの高木冨五郎兄弟とともに賛美歌や他の歌集を翻訳編集され、音楽を大変愛されていますので、ご一緒に聖歌隊で歌うのは大変楽しみでした。
藤吉兄弟とはホーム・ティーチングの同僚として、教会の開拓者・奈良冨士哉兄弟(高木冨五郎兄弟と同じ1915年に改宗)を訪問しておりましたので、教会歴史の草創期を導いた証人と交わるこることができたのは大変貴重な機会でした。

1980年に東京神殿が奉献される準備として、4月に奉献式聖歌隊責任者としてわたしが召され、5月から6月にかけてオーディションを実施し、6月から練習を開始しました。柳田聡子姉妹は聖歌隊メンバーとして、ご一緒に吉祥寺での練習に通いました。
8月末になり松下泰洋兄弟が神殿会長会第二顧問兼神殿レコーダー、柳田藤吉・聡子ご夫妻、奈良冨士哉・源子ご夫妻が神殿宣教師に召され、他の神殿宣教師の皆様と共に麻布の宣教師宿舎へ引越されました。10月27日東京神殿奉献式で、スペンサー・W・キンボール大管長の奉献の祈りの後に、聖歌隊として歌いながら涙が止まりませんでした。生涯決して忘れられない大変貴重な思い出となっています。

2002年2月に日本の教会歴史本「世紀を越えて」が出版されました。柳田聰子姉妹はその編集に携わり、ソルトレークまで行って史料の調査をし、ご自分がお持ちの写真や史料をたくさん提供しました。
2004年元旦にわたしが見た夢から全国の歴史史料を集めたいと考え、柳田姉妹に相談し、最初に賛同を得ていました。2007年に柳田聡子姉妹から貴重な歴史史料を預かって欲しいとお願いされ、日本の教会歴史史料として大変重要であり、個人的に預かるのではなく、教会としてまたは組織として預かる必要性を強く感じました。そこで柳田聰子姉妹と共に、「日出づる国と共に」の編集・出版の関係者である福田眞兄弟、津田政廣兄弟、福永隆兄弟、歴史史料のデジタル化を進めている的場正弘兄弟らと「教会歴史保存委員会」という愛好会組織を立上げ、歴史史料の収集を開始しました。
2008年1月~3月に渋谷インスティテュート主催、教会歴史保存委員会の企画で、「信仰の遺産」冬季講座を実施し、全10回の講演中2回を柳田聰子姉妹の講師で、日本の教会音楽の歴史、扶助協会の歴史というテーマで講演していただきました。
2008年11月にご主人の藤吉兄弟が亡くなられ、お一人では心配のため、2009年2月に兵庫県加古川の次男さん宅に同居されました。2010年に介護施設に入居されましたので、その年の7月に教会歴史保存委員会のメンバー3名で、介護施設の柳田姉妹を訪問し、大変喜ばれました。

わたしの方は2009年9月に教会歴史カントリー・アドバイザーの召しをいただき、日本全国から歴史史料を集め、日本で保管し、それを分かち合う(活用する)という新しい活動が正式にスタートしました。2011年10月に神戸ステークで教会歴史の集いを開催した時に、加古川ワードの会員たちと共に柳田姉妹を訪問しました。当時の柳田姉妹は92才で短期記憶を失われていましたが、長期記憶はまだ大丈夫でした。
わたしは2015年9月に6年間の教会歴史アドアイザーの召しから解任されましたので、教会歴史保存委員会の活動を再開しました。

戦後日本の教会歴史開拓者である柳田聰子姉妹は、2018年1月30日に99才の白寿を迎えましたので、もしかすると100才までいくかもしれないとも思われましたが、5月24日ご主人の藤吉兄弟のもとへと旅立たれました。

2018.5.29

  • 歴史の証人との交流は貴重な宝物となりましたね。共に歴史を創って来られた吉田兄弟の功績も大きいと感じました。ご投稿ありがとうございました。 -- 岸野みさを 2018-06-24 (日) 08:57:21

認証コード(0282)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional