穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

18062502岸野みさを

穀粒記者レポートトップへ

2018.06.25 穀粒記者レポート「少年たちの群像(19)」投稿者:岸野みさを

少年たちの群像(19)

 中学2年生のクラスは1階でK子は窓の外に自分のリュックを差し出して、手を離すと隣の窓から手を出している男子がそれをキャッチするという遊びをしていた。何回目かに「あっ」男子がキャッチし損ねてリュックは下に落ちてしまった。するとそのリュックの上に白いものが上から落ちてきてベトッとくっついてしまった。「キャーッ」彼女は叫んで上を見ると3年男子が2階の窓から唾を吐いていた。「ワリイ、ワリイ」と男子は言ったがK子は半泣きでリュックを取りにいき、匂いを嗅いだ。(なんで匂いを嗅ぐのかなぁ)「臭―い」。騒ぎを聞きつけて先生が来た。「洗えば大丈夫よ」と言って廊下にある水道でササッと洗うように言った。K子はもうそのリュックは使えないとママに訴えていた。

 高一のA君期末テストの成績が意外と良かったと喜んでいた。物理60点でクラスの中で5位。英語82点、世界史66点、数学58点、情報リテラシー75点だった。英語の先生が
答案用紙を皆に返すときに「オレも教え方が悪かったが、一緒にがんばろう」と言って、
一人一人に「がんばろう」「がんばろう」と言いながら返却していた。A君の処へ来ると
いきなり「congratulations!」と言った。A君は「ハ?はぁ…」点数を見て意味が分かったという。

 リンゴが、ナシが花開き、川面を霧が流れだす♪♪
長男の起床のメロディ-「カチューシャ」である。そのメロディ-で長女も目をさます。毎朝毎朝聴いているので長女は学校でつい、口ずさんでしまったという。

 中学の体育祭、今年は徒競走が多かったのと全体種目が多かったように思う。100m、800m、1500m、全員リレー。3人4脚、2人3脚、騎馬戦、綱引き、棒引き、大縄跳び、大ムカデなどである。1年生の孫娘に「何が一番よかった?」と聞くと「3人4脚」と言った。「どうして?」と更にきいてみると「3位になったから」だった。全力で疾走する徒競走はどの子も確かに感動的で手に汗を握った。全体種目では皆が一致しようと一生懸命な演技がこれもまた、感動を呼んだのだった。

 英会話の授業でM子は「Nice to meet you. 」と言うところを「Nice to me」と言って大笑いになったそうだ。「親切にしてくれ?」初対面でこれはマズイカ。

 10時ころ「お宅のお子さんが学校に来ていませんが」と担任から電話が入った。ママはあちこち車を走らせて捜している最中に再度学校から連絡が来た。「いました!」いつも遅刻する友だちを待っていて一緒に遅刻してしまったそうだ。遅刻って2時間も?叱り方を考えてしまうママだったという。


認証コード(4409)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional