穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

19011801目良浩一

穀粒記者レポートトップへ

2019.01.18 穀粒記者レポート・『アメリカの大学で『慰安婦』のことを教えることに関して』投稿者:目良浩一

GAHT 代表の目良浩一が、新年1月3日から5日までホノルルで開かれた日本研究会
(Japan Studies Association)の研究発表会で、「アメリカの大学で『慰安婦』について教えることに関して」という表題のもとに、研究成果を発表した。

続きはこちらをご覧ください:
http://gahtjp.org/?p=2039

歴史の真実を求める世界連合会 サポート部門


認証コード(9161)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional