穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

19060302徳沢愛子

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ

2019.06.03 エッセイ「祝穀粒6周年記念ー水音(Mormon Lit Blitzファイナル作品)」 投稿者:徳沢 愛子

(徳沢愛子姉妹は今年度のMormon Lit Blitz 12人の作家の一人に選ばれました)

 二十年ほど前から月一回老人ホームのお掃除に行っている。用事があって行けない日も あるが、そうでなければ自分の老後の学びの機会として、喜んで出かける。勿論ボランティアである。

 今日は北陸には珍しい冬晴れであった。奉仕活動するには良い日だった。夫と二人で出 かけた。長い廊下をモップがけする。埃がついたモップを払うと、夫がほうきで掃く。我々 老夫婦もいつ何時老人ホームにお世話になるかもしれない。元気のある今、お掃除できるしあわせ。 元気そうなおばあさんが廊下の向こうからやって来られた。「お元気ですねェ」、そう声をかけると、親しげに私の両手を握られた。次の瞬間、両手で顔を覆い、「くくっ」と泣かれたのである。私はびっくりした。

 「お元気ですね」と声をかけ、肩に手をかけた、ただそれだけのことなのに。そうして 私の右手をとって、手の甲に強烈なチュッをしたのである。

 ああ、そのおばあさんはこんなにも人恋しかったのだ。愛に飢えているのだ。老いることの切なさが私の胸にジンと迫った。

 <みんな死んでしまうことの水音>山頭火の句を私は思い出した。世の中には、老いて みなければ、わからないことがいっぱいある。衰えていく肉体のこと、気力のこと、物忘れのこと、近づく死のことなど、惻惻と迫ってくる。私はその時、霊の耳に彼女の心の水音を聞いたのである。それは真夜中、暗い台所でぽとりぽとりと水道から漏れ落ちる水音のような、深い孤独を纏っていた。

“The Sound of Water”
written by Tokuzawa Aiko, translated by Andrew Hall

For the last twenty years I have been going to help clean at an old-age nursing home once a month. There are days when I am too busy to volunteer, but when I have a chance, I try to go, taking the opportunity learn and prepare for my own oncoming old age.

Today was one of the rare sunny winter days in the Hokuriku region, a nice day to do service. My husband and I worked together to clean a long corridor, me swinging a dusty mop, my husband sweeping. We are an elderly couple ourselves, and our turn to live in this nursing home may begin at any moment. So, while we are still healthy, it is a happiness to be able to clean up.

A sprightly-looking grandmother came towards us down the hallway. I called out to her, “You’re looking good today!” She came over and took both my hands in hers in a friendly greeting. But then she covered her face with both hands, and started sobbing. I was surprised-all I could think to do was to repeat my greeting and pat her on the shoulder. Then she planted an intense kiss on the back of my hand.

Oh, how lonely she was, how hungry for love. The pain of aging pierced my heart.

I remembered the haiku by Sant+Wka, “Unescapable death, the sound of water.” In this world, there are many things we don’t understand until we age. Declining bodies, declining vigor, forgetfulness, and death itself are all moving towards us, and it breaks my heart. At that instant, I could hear with my spiritual ears the sound of water within her. It was like the drip-drip sound of water seeping out of a tap in a midnight-dark kitchen, enveloped in deep loneliness.

  • 元気のあるうちにと、老人ホームで奉仕されること20年という偉業にただ、ただ敬服しました。継続は力であることを万人に示されました。みんないなくなることの寂寥は拭いきれないものです。 -- 岸野みさを 2019-06-06 (木) 11:37:35
  • この短いエッセーは、私の心を打ちました。高齢化する社会にあって孤独に暮らす人々が増えています。この「おばさん」の予期しなかった反応から、著者は彼女の心の水音を聞いた思いがした、という。これは優しく、鋭い観察で、感傷的な譬えであると思います。日本の末日聖徒を代表するおひとりとして応募されたことを嬉しく思います。アンドリュー・ホール教授の翻訳も文学的で、美しく、有難いことです。 -- 沼野治郎 2019-06-23 (日) 23:21:49

認証コード(5457)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional