穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

19092902文美

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ

2019.09.30 その他「女性の大会」投稿者:文美

女性の大会に思う

和田長老と和田姉妹のお話しにより、大会が始まりました。
大会は、三部からなっています。私なりのまとめ方ですが、出席できなかった方々の参考にして頂ければ幸いです。
第一部が全体集会、第二部が各クラスに分級、第三部はもう一度集まっての質疑応答などがありました。
第一部で和田会長は、ネルソン大管長の言葉を強調されました。

1.      ソーシャルメディアの断食
メディア断食で感じた事を書き留める。

2.      モルモン書を研究する。
研究することにより、天が開かれる。

3.      神殿参入の習慣を確立する。
主の神権の力に頼る。

4.      扶助協会にしっかり参加する。
イスラエルの集合を助けるために、自分の役割を理解する。

そして、イスラエルの集合について、以下の事を述べられました。

イスラエルの集合についての図

つまりは、全てはミニスタリングであると言うことです。

第二部で、私は家族歴史(絆)のクラスに参加しました。
技術的な事を、期待して参加した方には物足りなかったかもしれませんが、家族歴史の基本的な大切さを再確認させて頂けました。
いつも、ヘルプデスクでお世話になっている堀兄弟のお話で、とても素晴らしかったです。
初めから、「え!」というような始まりでした。多くの方がご存知の「糸」という歌を皆さんで歌うところから始まり、その歌詞の力も相まって、クラスが最初から一致出来たと思います。ご存知ない方は、YouTubeから歌詞の意味を考えながら、お聴きになってみてください。優しい歌です。
歌詞の「あなた」は、全ての人を指します。
https://youtu.be/jOegTv3a2h4

●家族歴史は、エリアの霊を感じる事ができる。
●家族歴史は、先祖へのミニスタリングである。
●ミニスタリング=イスラエルの集合の鍵
ミニスタリングとイスラエルの集合は、愛という絆でつなげる。
●多くの人は様々さ宗教で、神様の存在を理解しているが、サタンの存在に関してはあまり言わない。でも、サタンの力もあることを、理解しておく必要があります。とのことでした。

又、「備え」のクラスでの話も参加された方から聞きましたが、備えとは物もそうですが、結局のところ霊的な備えが重要だとのお話だったとのことです。

第三部の質疑応答では、ある姉妹が「わたしに従って来なさい」などのプログラムを見ていると、ひとり暮らしをしている家族のない人が孤独感を感じたり、疎外感を感じたりして、自分は当てはまらないような気持になると言う人がいるとの事でした。どう受け止めたら良いのかという感じの質問だったかと、思います。
それに対して、回答がなされましたが、私は回答の事よりもどうして独りぼっちだと思うのかが、理解できませんでした。
家族や家庭でと言う言葉が出るたびに、寂しい思いをする人が時々いらっしゃいますが、その人にもその人を産んでくれた両親がいるはずです。何よりも、神様は天の父です。いつも、寄り添ってくださっています。それを感じていないのですね。
一人暮らし、イコール独りぼっちではないと思います。たとえ家族や家庭があったとしても、色々なことを学び経験し御霊を頂くのは、神様と個人との一対一の関係です。
もっと、強くならなければその寂しいという隙間にサタンが入り込んできます。
家庭があても、孤独感や寂しい思いをする事もあるのではないでしょうか。
私達は、ミニスタリングと言う言葉のとても大きな意味、重要性をもっと正しく理解しなければ、神の王国には住めないという事を理解しました。
これからは、更に細くて小さい声が聞こえるように、もっと強く優しくなるよう備えていきたいと思います。

  • 不参加の者にも図表付きでよく分かる記録を取って下さり、それに「糸」の動画も入れて頂き、あなたさまの労役を惜しまない業がミニスタリングを示してくださいました。ありがとうございます。 -- 岸野みさを 2019-10-01 (火) 10:53:47

認証コード(2426)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional