穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

20041301徳沢愛子

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ

2020.04.13 詩・散文「喪失」 投稿者:徳沢 愛子

詩と詩論 2020 4 291号より転載

画像の説明
sositu2.jpeg

  • 喪失とは何であるのかわからない始末ですが、あったものが失われるという現象を喪失だと思っていましたがwww -- 岸野みさを 2020-04-16 (木) 19:47:33
  • それで失礼ながら作者に解説して頂きました。
    「喪失は生あるものは必ずこの世からいなくなる、必ず死を孕んでいる、すべて次々と私の周りからいなくなってしまう。言葉の先にすでに消える運命だけれど、思い出や手触りや声や色々な形で心にとどまる、ということを言いたかったのです」
    ありがとうございました。 -- 岸野 みさを 2020-04-28 (火) 20:29:39

認証コード(4659)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional