穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

20042201岸野みさを

穀粒記者レポートトップへ

2020.04.22 穀粒記者レポート・『預言者の導き―2020年4月の年次総大会を視聴して』投稿者:岸野みさを

預言者の導き―2020年4月の年次総大会を視聴して

 ジョセフ・スミス最初の示現200周年記念の第190回年次総大会は無事に終了した。
Covid-19の世界的感染拡大のために通常の総大会ではなかったがオンラインですべてのプログラムを視聴することができた。非常事態宣言の緊迫感の中でそれぞれの話者の語るメッセージがことごとく胸に沁み込んできて、御霊の加護を感じることができた。
 
 ネルソン大管長の聖なる森の中で読み上げた動画「200周年世界への宣言」は「イエス・キリストの完全な福音の回復」を全世界の人々に向けて静かに、しかし、力強く確信を込めて発信された。その青い目と姿は主の面影を連想させ、主の愛を感じさせる威厳に満ちたものであった。

200周年世界への宣言
「わたしたちは厳粛に宣言します。神はすべての国にいるご自分の子供たちを愛しておられます。父なる神は、愛する御子イエス・キリストの降誕とその比類ない生涯と無限の贖いの犠牲を、わたしたちのために備えて下さいました。御父の力によって、イエスはよみがえり、死に対して勝利を得られました。イエスはわたしたちの救い主であり、模範であり、贖い主です」

(以下は分かりやすくするために番号を振ってみました)
1、200年前の1820年、ある春の朝少年ジョセフ・スミスはどの教会に加わるべきかを知りたいと思い、アメリカ合衆国ニュヨーク州北部の自宅近くの森へ行き祈りました。
2、わたしたちは、父なる神と御子イエス・キリストがジョセフの祈りに答えて彼に御姿を現し聖書で預言されていた「万物更新」を開始されたことをへりくだり宣言します。(使徒行伝3:21)
3、この示現によってジョセフは新約聖書の時代のキリストの教会が最初の使徒たちの死後に地上から失われたこと、また、自分がその回復に貢献する者になるということも知りました。
4、御父と御子の指示の下でジョセフに指示を与えてイエス・キリストの教会を再び設立するために天の使者たちが訪れたと、わたしたちは断言します。
5、復活したバプテスマのヨハネが罪の赦しのために水に沈めるバプテスマを施す権能を
  回復しました。
6、最初の12人の使徒のうちの3人、ペテロ、ヤコブ、ヨハネが使徒職と神権の鍵を回復しました。
7、死を超えて永遠に続くものとして家族を一つにつなぐ権能を回復したエリヤもいました。
8、古代の記録である『モルモン書―イエス・キリストについてのもう一つの証』を翻訳するために、ジョセフ・スミスに神の賜物と力が与えられたことを証します。
9、この聖典には復活後間もないイエス・キリストが西半球の民の間で親しく務めを果たされたようすも記されています。
10、この聖典は、人生の目的を教え、その目的の中核を成すキリストの教義を説明しています。
11、聖書と対を成す聖典として、モルモン書は、すべての人が愛にあふれた天の御父の息子や娘であるあること、御父がわたしたちの人生に対して神聖な計画をお持ちであること、そして御子イエス・キリストが昔と同様に今日も語っておられることを証しています。
12、わたしたちは宣言します。1830年4月6日に組織された末日聖徒イエス・キリスト教会は新約聖書の時代のキリストの教会が回復されたものです。
13、この教会は隅のかしら石であるイエス・キリストの完全な生涯と、その無限の贖罪と文字通りの復活をその基盤としています。
14、イエス・キリストは再び使徒たちを召して、神権の権能を与えられました。
15、そして、御自分のもとに来て、御自分の教会を訪れ、聖霊と救いの儀式を受け、永続する喜びを得るよう、わたしたち全員を招いておられます。
16、父なる神と愛する御子イエス・キリストによってこの回復が開始されてから、現在200年が経過しました。
17、世界中で何百万もの人が、これらの預言されていた出来事を知り、受け入れてきました。
18、わたしたちは喜んで宣言します。約束された回復は、絶えざる啓示により進められていきます。
19、神が「ことごとく、キリストにあって一つに帰せ」られるので(エペソ人への手紙1章10)、地は決して再び前の状態に戻ることはありません。

「敬虔の念と感謝をもって,わたしたちは主の使徒として,天が開かれていることを—わ
たしたちと同じように—知ってくださるよう,すべての人にお勧めします。わたしたち
は断言します。神は御自分の 愛する息子たちや娘たちに対する御心を明らかにしておられ
ます。わたしたちは証します。回復のメッ セージをよく祈って研究し,信仰をもって行動
する人は,祝福を受けて,回復が神の御心によるものであり,その目的がわたしたちの主
であり,救い主であるイエス・キリストの約束された再臨のために世を備えることである
という自分自身の証を得ることでしょう。」

 34年間12使徒として仕え、これまでの16人の大管長のうち10人を知る特権に預かったネルソン大管長は2018年1月14日に大管長に聖任された。そして数々の新たな啓示を受けてその方針を打ち出された。

2018年3月 主の業を推し進める上で一致と効果を増すためにワードの大祭司と長老を「一つの長老定員会」に統合した。
2018年4月 総大会でHTと家庭訪問という別々のプログラムが今後「ミニスタリングと呼ばれる統合された取り組みとする。
2018年4月 個人の啓示を受けなさい。「聖なる森でのジョセフ・スミスの並外れた経験から学べることは,天は開かれており,神は御自分の子供たちに語りかけてくださるということです。(「教会のための啓示、わたしたちの人生のための啓示」より)
2018年6月 ネルソン大管長は教会の青少年に,イスラエルの集合という「地上における最も大いなるチャレンジ,最も大いなる大義,最も大いなる業において,大きな役割を果た〔す〕」よう勧めました(「シオンのつわもの」〔ワールドワイド・ユース・ディボーショナル,2018年6月3日
2018年8月 教会は「末日聖徒イエス・キリスト教会」と正式名称を使う。1838年の聖文を引用。「わたしの教会は、終わりの時にこのように、すなわち末日聖徒イエス・キリスト教会と呼ばれなければならない。」
2018年10月「教義を学び、信仰を強め、より深い個人の礼拝を築く」のを支援するために家庭を中心とした教会の新たな教科過程を導入し安息日の集会スケージュールを変更した。
2019年10月 「どのようにバランスの取れた方法で成長することができるかについて主と相談するようにお勧めします」と述べられ子供と青少年のための新たなプログラムを紹介された。
2020年4月 ~~教義と聖約の冒頭の言葉は「聴きなさい」です。従う意図をもって耳を傾けることを意味します。聴くことは,「御子に聞く」こと,すなわち,救い主の言われることを聞き,その後,救い主の勧告を心に留めることを意味します。「彼に聞きなさい」という言葉で,神は,現世における成功と幸せと喜びの規範を与えておられます。わたしたちは主の言葉を聞き,それらに耳を傾け,主から告げられた事柄を心に留めなければなりません。
2020年3月 covid-19に関して、全世界の教会員とその友人が3月27日と4月10日に断食と祈りを捧げるように招いた。

(ネルソン大管長からこれに対する感謝のメッセージが届いています)

「4月10日(金)と3月29日(日)の両日に行われた断食に,参加してくださったすべての人に深い感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。わたしたちは一つとなって,新型コロナウイルスの影響から救済されるよう天の御父に嘆願しました。救済を求めるために,わたしたちに参加してくださった世界中の様々な信仰を持つ友人を思い,謙遜な気持ちになりました。
断食を通して,わたしたちの救い主イエス・キリストがわたしたち一人一人のために払われた崇高な犠牲が心に呼び覚まされました。世界中におよぶパンデミックから回復する時を待ち望みながら,わたしたちが救い主イエス・キリストとのより強い絆を見いだすことができるように祈ります。イエス・キリストは偉大な癒し主です。イエスはわたしたちの壊れた心を癒してくださいます。イエスは一人一人に平安と慰めを与えてくださるのです。
イエス・キリストのおかげで,どんなときにも希望があります。イエス・キリストのおかげで,この世でも来たるべき世でも,行く手には明るい日々が待っているのです。」

*2020年3月 ネルソン大管長がわたしたちに13のチャレンジを与えました。

1、「預言者ジョセフの模範に従う。」
2、「定期的に行くことのできる静かな場所を見つける。」
3、「神の御前にへりくだる。」
4、「天の御父に心を注ぎだす。」
5、「御父に頼って答えと慰めを求める。」
6、「心配事や恐れ、弱さ、心の切なる思いについて、イエス・キリストの御名によって祈る。」
7、「その後で耳を傾ける。」
8、「心に浮かんだ考えを書き留める。」
9、「感じたことを記録し、それに従って、促しを受けたとおりに行動する。」
10、「このプロセスを繰り返す。」
11、「啓示を受ける霊的な能力を伸ばすように、切にお願いします。この復活祭の日曜日が、皆さんの人生において決定的な時間となりますように。」
12、「もっと頻繁に、もっとはっきりと御霊の声を聞くために必要な、霊的な業を行うことを選んでください。」
13、「キリストのもとに来て、あらゆる善い賜物を得てください。」

「個人の啓示を受ける皆さんの現在の霊的な能力をさらに伸ばすように、強くお勧めします」とネルソン大管長は言いました。またわたしたちが「年月を重ねて」このプロセスを繰り返す時に、永遠の命をもたらす神の奥義を知ることができると約束しました。
「天の御父が皆さんに知ってほしいと望んでおられることは、はるかにたくさんあるのです」とネルソン大管長は教えました。そののちニール・A・マックスウェル長老の言葉を引用しました。「御父は宇宙の奥義を与えようとしておられることは明らかですが、わたしたちは耳を傾けているでしょうか?」

今回の総大会でクエンティン・L・クック長老は次のように話されました。
『神の御霊が預言者に働きかけるのを目の当たりにし、更にイエス・キリストの啓示が預言者に与えられて成就するのを目にしています』これはウイルフォード・ウッドラフ大管長がジョセフ・スミスについて述べた言葉ですが、ネルソン大管長についても言えます」と。

 私は、ラッセル・M・ネルソン大管長が神によって召され、神の啓示と戒めを預かり、民にそれを語り、人類の救い主、贖い主であられるイエス・キリストを証する神の預言者であることを確信しています。

 「完成とはその先も続く途絶えることのない過程」私の大切にしているネルソン大管長の教えです。
イエス・キリストの御名によりアーメン。

  • まとめてくださりありがとうございます。心から感謝します。今この時、ますます主に頼り、天父との関係を深める時だと思います。生ける主の予言者をいただいていることに感謝ですね。
    -- おーちゃん 2020-04-23 (木) 19:38:11
  • 新しい指針で抜けている処があるかも知れませんので教えて下さい。 -- 岸野みさを 2020-04-23 (木) 20:46:32
  •  ありがとうございます。
     子供達や孫達に、これを見えるところに置いておくように勧めたいと思います。 -- 丸山幹夫 2020-04-24 (金) 07:35:58
  • 本当に、岸野姉妹は勉強熱心で、良く調べていらっしゃいますね。とても、参考になります。有難うございます。 -- 牧瀬美代子 2020-04-25 (土) 15:32:14

認証コード(3592)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional