穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

200601801徳沢愛子

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ

2019.06.18 エッセイ「金沢方言エッセイ 言葉に感情の普段着を」 投稿者:徳沢 愛子

日日草74号より転載

 25

74−26

74−27

74−28

74−29

74−30

画像の説明

  • 金沢弁は何となく言葉にユーモアがあって面白おかしく、かつ寂しげで、目で読むのではなく耳できいてみたいです。「落ち葉」も「ミラボー橋」も大好きな詩ですが見事な翻訳(?)に違いありません。 -- 岸野 みさを 2020-06-22 (月) 14:40:05

認証コード(1349)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional