穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

20102301高橋 幸夫

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ"

2020.10.23 写真「バラを愛でて友と和む」 投稿者:高橋 幸夫

府中ワード機関紙サムエル、11月号作成、発送が終わってほっとしています。毎号きっちり紙面を隙間なく埋め込むことに気を張り詰め精を費やします。その英気を養うのはウォーキング。21日に東京都調布市の神代植物公園に行きました。教会員を対象に大人の遠足をサムエルウォークと称して主宰しています。でも6km~10kmの完歩が危うい足腰が丈夫でない方もおられますので、足の弱い二人をお誘いし、それに他の方も加わって、教会員7名、お友達2名で植物公園の百花繚乱の花を観賞しました。バラのほか、ダリア、温室の熱帯植物、ラン、ベゴニア、スイレン、ハイビスカス、サボテン、…。見事でした。すべては紹介できませんのでバラのみ12枚ご紹介します。帰りに文化会館の絵の展示会へ行き、M・K兄弟出品の「調布のフラワーガーデン」の絵を拝見、素晴らしい水彩画に感嘆!この絵を「趣味のコーナー」としてサムエルに載せたい思い。皆様も「私の趣味」をご紹介ください。穀粒だけでなくサムエルにもどうぞ

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明


  • お見事バラの美の競演に圧倒されますね。満開のバラ、満開を過ぎたバラ、遠くに見える
    つぼみのバラ、豊饒な香りも漂って来るようです。見せ頃は最初のバラと最後の方の黄色いバラですかね?なんてちょっと失言、高橋兄弟をはじめバラ愛好家の皆さん失礼しました。 -- 岸野 みさを 2020-10-24 (土) 16:02:29

認証コード(2926)

いただいたコメントは即座に反映されないことがあります。送信後は20分以上お待ちいただいてからご確認ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional