穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

20110101 岡本 綾音

トップページへ 自分史・家族史トップへ画像の説明

2020.11.01 自分史・家族史「聖霊の導き」 投稿者:岡本 綾音

愛する高尾ワードの皆さん、お久しぶりです??
10月16日に専任宣教師の召しから解任され、仙台の地から高尾の地に帰ってきました!コロナの影響でまだ皆さんと直接お会いできないのが本当に残念です?

この1年半は、奇跡に溢れたものでした。
なので、今回は何を話そうかとても迷いましたが、私が伝道中に見た"御霊の促しには必ず従う必要がある"ということを学んだのでその経験を分かち合おうと思います。

去年のちょうど今頃、私は茨城県の牛久というところで奉仕をしていました。
その日は、教会の近くの家を個別訪問して回っていました。夕方になり、英会話の予定があったので、そろそろ帰ろうかと同僚と話していました。そんな話をしていた時、私は一つのアパートを見て、「このアパートを個別訪問したほうが良い、主が備えられた人がいる」と強く感じました。私は同僚に、あのアパートをハウジングしたいと言いましたが、同僚は「このアパートは、教会から近いからいつでもこれるし、もう帰らないと英会話に間に合わなくなるかもしれない」と言ったので、相談して、違う日に個別訪問することにしました。同僚と帰る道を歩いていると、急に同僚がピタッと止まって、「やっぱり、あのアパートを個別訪問しましょう!」と言い始めたので、私たちは戻りました。戻っている時に、私は「次話す人が私たちの神友(求道者)になる」と強く感じました。

そして、私たちはそのアパートの最初のドアをノックすると、アパートの中から女性の方が出てきました。彼女は、私たちのメッセージに "興味があります" と答えました。彼女は、今の年齢になってから、病気に悩まされ、死と隣り合わせだと感じていました。そして、死後の世界について知りたいと思っていました。死んだらどうなるのか?また、家族に会えるのか?そして、誰にも話したことのない辛い過去についても、私たちに話してくれました。

彼女は、次の週、教会に来てくれました。そして、救いの計画を伝えると、死についての不安が無くなったと言ってくださいました。しかも、驚くことに教会に本当に近いアパートに5年も住んでいるのに1度も宣教師に会ったことがないということでした。教会の前を通るたびに、この建物は何だろうと気になっていたそうです。私は彼女に会った時、主が今日会うべき人に会わせてくださったと感じました。

私は、この経験からどんな状況にあっても、"御霊の促しを感じたら従う必要がある"ということを学びました。もし、私たちが御霊の促しに従っていなければ、女性に会うことは無かったかもしれません。また、彼女を主のもとに導く助けができなかったかもしれません。

御霊の声とは、主の声です。
ネルソン大管長も、この数年、"主の声をどうやって聴くか"ということについて重点を置いてお話されています。
私たちが、主の声を聞こうとする時、自分だけでなく、私たち兄弟姉妹を救う助けをする機会が必ずあると約束します。主は、人々を通してよく業を行われます。

預言者ジョセフ・スミスはこう言っておられます。
『最初の促しを信頼するのです。時に,わたしたちは理屈をこね,自分が霊的な印象を受けていることを怪しんだり,自分自身の思いつきでしかないのではないかと思ったりします。受けた気持ちに後であれこれ迷いを抱いたり,さらに繰り返し迷うようになると,わたしたちには皆同じような傾向があるとは言うものの,御霊が退き,神からの勧告を疑うようになります。

預言者ジョセフ・スミスは,もし最初の促しに耳を傾けたら,10回のうち9回は促しを正しく受ける』
主の声(御霊の声)をよく聞こうと毎日努めるなら、私たちは決してサタンにくじかれる事はなく、いつも主のそばにいることができると証します。御霊の導きは、永遠の救いにかかっています。

これは、主が見せてくださった奇跡のほんの一部に過ぎません。主は1年半を通して、沢山の奇跡を見せてくださいました。なので、沢山の奇跡の話を皆さんと顔と顔を合わせて分かち合える日が来ることを心から楽しみにしてます?
主は過去も、現在も、未来も、奇跡の神であることを証します。
この業は、人の業ではなく、主の業です。
そして、この教会は真実の教会です。なぜなら、主御自身が導かれておられるからです。
皆さん、1人1人が主にとって必要で、大切な存在であり、主が皆さんのことを心から愛しておられることを証します。
これら全てをイエス・キリストの御名によって証します、アーメン。

  • ご奉仕ご苦労様でございました。そのお方がこれからバプテスマの水を潜ることができますようにお祈りしています。 -- 岸野みさを 2020-11-02 (月) 21:30:27

認証コード(6414)

いただいたコメントは即座に反映されないことがあります。送信後は30分以上お待ちいただいてからご確認ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional