穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

21020102徳沢愛子

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ

2021.02.01 詩・散文「春 萌し」 投稿者:徳沢 愛子

金沢方言詩

うんともちゅんともいわん たいぼく
うえから したまで はだか
うんだがきゃ つぶれたともいわん あさ

ほやけど
たいぼくに てぇあてて
めぇつぶって みみひらいおっと
  ざわぁぁん
ざとうくじらが ちかづいてきて
しおふく いっしゅんがある
しぶきあたまから ひっかぶって
あしもとから つきあげられて
おっとっと
よろけるがいね
この春のおと

(日日草 75号より)

  • 力強い春の訪れを見事に歌い上げています。大木に耳を当ててみたくなりました。 -- 岸野 みさを 2021-02-02 (火) 17:08:35
  • 春の訪れへの喜び、を感じる詩ですね。方言って味が出ますね。素敵です。 -- おーちゃん 2021-02-05 (金) 22:38:14

認証コード(8430)

いただいたコメントは即座に反映されないことがあります。送信後、場合によっては1時間以上かかって反映される場合もありますのでご了承ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional