穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

21070401 岸野みさを

トップページへ 自分史・家族史トップへ画像の説明

2021.07.04 自分史・家族史「互いに教えあう」 投稿者:岸野みさを

2021.7.4 SS3分間のお話

皆さまこんにちは!

 私は孫たちと毎日ラインを使って霊的なメッセージを分かち合っています。今日で370回ですから始めてから一年が過ぎました。

 最初は聖句から始まって指導者の言葉などの福音でしたが、最近は生きていくために必要な全ての情報を交換しています。と言っても私からの一方的なものが多く、孫たちからはたまにしか返信が来ません。最近来たのは「難しくて頭から抜けてしまう」ということでした。そこでキーワードを3つくらいつけて書き送ると「わかった」という返信があって嬉しかったです。孫たちが特に喜んだのは自分たちの幼いころの記録でした。この世に生まれ出た日からの記録で、自分の記憶にはない記録です。

 最近はもっぱら世界を揺るがしているcovid―19の関連情報です。
皆さまもご存じかと思いますが、アメリカCDCのトップのDr.ファウチ、中国CDCのトップ、Dr.ピーター・ダザック 彼はイギリス人で、動物学者です。そして「コウモリ女」と呼ばれていてコウモリの遺伝子改造に取り組んでいた武漢研究所の中国人女性科学者シー・ジェンリー。この3人が今回のパンデミックの起源に関与しているという疑惑で、アメリカの情報公開法という法律によりDr.ファウチとこの人たちとのメール866ページが公開されて、今世界中が閲覧しているそうです。

 教義と聖約88:77-80には私たちは王国の教義を互いに教えあうように勧告されています。そして、王国の教義だけでなく、歴史や科学、文学の分野でも学ぶ必要があることを教えています。「また、天のこと、地のこと、地の下のこと、かってあったこと、現在あること、すぐにでも必ず起こること、国内にあること、国外にあること、戦争と諸国民の混乱、地上にある裁き、国々と王国に関する知識に於いても同様である」
 イエス・キリストのみ名によってお話しました。

  •  子供達が、自分の先祖の話しや歴史を学ぶとき、自尊心や価値観を知り、生き方が変わったり自殺も減るということを聞いたことを思い出しました。 -- 丸山幹夫 2021-07-06 (火) 11:15:14
  • コメントありがとうございました。丸山一族の行っていることを分かち合って頂ければ
    幸いです。 -- 岸野 みさを 2021-07-06 (火) 22:22:21

認証コード(2919)

いただいたコメントは即座に反映されないことがあります。送信後は30分以上お待ちいただいてからご確認ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional