穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

22021201 本多 愛

トップページへ 自分史・家族史トップへ画像の説明

2022.02.12 自分史・家族史「一緒にしよう」 投稿者:本多愛

ネルソン大管長は大会でこのようにおっしゃいました。

「皆さんが毎日欠かさず生活の中で主のために時間を取るならば,主は皆さんを個人の生活において導いてくださるでしょう」

この素晴らしい約束を総大会で聴いた時 とても霊が喜びました。 同時に 私は どのように努力をするべきか と自問しました。
今までしてきた方法にとらわれずに 今の私にとって、また家族にとって 最善の方法が何かを 啓示を求めとにかく行動に移そうと決意しました。

最近 家族一人ひとりが 朝と夜の 個人のお祈りを更によく取り組むことができるように みんなで 決意しました 。
ある朝 に、今日はみんな個人のおいのりできたかな?と子どもたちに聞きました。 一人の子供が 朝のお祈りを忘れ(この子はほとんど忘れずにするのですが)ベットから出ようとした時に もう一人の子供が 朝のお祈り一緒にしようよと声をかけて お祈りをすることができたと話してくれました 。
兄弟同士で そのように 戒めを守ることを 助け合っている姿に とても感銘を受けました 。
私たちは 大切なことを、時々一人で頑張り過ぎたり、忘れてしまったり、うまくできなかったり、 嫌になったりさえします。
でも一人で出来ない時は 誰かに頼ることが でき 、互いに高め合いながら成長できる、それもまた 救い主の 方法なのだと感じました 。

私たちが 望む方法であろうとなかろうと 想像していた方法であろうと そうでなかろうと、 一生懸命に神様の方さえむいていれば 主が助けてくださり贖いの効力を私たちの生活に及ぼしてくださって 、主に導かれているという事を証します。

この苦難の最中、私たち一人ひとりが深く主の愛の御手を認識できますように心から祈り願います。

イエスキリストの尊い御名を通して証します。アーメン

  • 兄弟が助け合い、励まし合う、それも日常の中で行われる、素晴らしい光景を目にすることが出来、証を分かちあって下さり、ありがとうございます。 -- 塚原俊英 2022-02-14 (月) 10:30:48
  • 幼子は本当に可愛いですよね。微笑ましいですよね。見習いまあす❣ -- 岸野 みさを 2022-02-14 (月) 22:06:01
  • ありがとうございます! -- 本多愛 2022-02-15 (火) 09:55:25

認証コード(9516)

いただいたコメントは即座に反映されないことがあります。送信後は30分以上お待ちいただいてからご確認ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional