穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

22120701徳沢愛子

2022クリスマスメッセージへ

Merry Christmas・・・2022クリスマスメッセージ

2022.12.07 穀粒記者レポート・『2022クリスマスメッセージ―私の後ろには』投稿者:徳沢愛子

 またクリスマスのうれしい季節が巡ってきた。つい先日のように喜びの言葉を書いたような気がするが、はや一年経過。それほど時間は駿足。いっときの油断もできない。人間の肉体の衰えもそりゃ早い?それも神さまの摂理というもの。

 先日突然、舌にできもの発見。すぐスマホで検索。まあ 大変。舌ガンの所見。すぐ温泉行キャンセル。通販で頭頂部薄毛隠しの部分かつらキャンセル。すべて死の前には空しい。徳沢愛子らしい死に様をと、その夜はあれこれ考えて眠れなかった。翌朝いの一番に歯医者の元へ走った。一見した医者は笑いながら「もう腫れはしぼんでいますよ」と。

 発見の夜、夫に癒しの儀式をしてもらっていた。神さまはまたすんでの所で癒して下さったのだ。私の祈りはしっかり聞いて下さっていた。思わず私は医者に合掌した。いや医者の後ろに立っておられる神さまに合掌したのだった。ああ もう少し何か人様の助けになるようなことをしたい。もう少し天に宝を貯金したいとの願いを聞いて下さった。神さまは確かに神の子らのすぐ後ろに立っておられる。何という有難さ。いつも何らの形で愛ある答えを下さる。クリスマスの季節はまさにその深い愛を鮮明に思いだす季節なのだ。肉体が下降線を辿る時、霊は一段と躍如として活動する。
どんな試練、どんなロスがあろうとも必ずや神さまは喜びを用意して下さる。
必ず神さまはよきに計らって下さる。
こんな確かなことはないと、声大きく証したい。
イエス・キリストのみ名によりアーメン

  • 信じることの強さが伝わってきます。死の前には頭頂部薄毛隠しのかつらも不要となる、わけで思わずニッとなりました。
    -- 岸野 みさを 2022-12-08 (木) 15:58:26
  • 姉妹が神さまから愛され、まだ成すべき事がおありなのでしょう。姉妹の書かれた表現で、成る程、そういう事か、色々考えさせられたり、クス、と笑ったり、これからも、穀粒で楽しませて頂けたらと思います。美しいクリスマスをお過ごし下さい🌲
    -- 松ぼっくり 2022-12-09 (金) 14:21:34

認証コード(9409)

いただいたコメントは即座に反映されないことがあります。送信後は30分以上お待ちいただいてからご確認ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional