穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

23021101高橋 幸夫

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ

2023.02.11 写真「日本の静寂」 投稿者:高橋 幸夫

梅と雪の美しき佇まい

梅と雪 これにお目にかかれるのは20年に一度? 2月10日雪が舞い、あたり一面白銀の世界に見舞われようとしている。数年前にもきょうよりも多くの積雪の日、すぐ近くの神社へ行った。参道の静かさ、ひっそりと人気が少ない雪の道を歩く。大きく構える門、その向こうに本殿が横たわっている。この古来からの境内の雰囲気が雪によってその静さの中に荘厳さを醸し出している。いいね。素敵な雰囲気だ。きょうも来て、しばしたたずむ。雪に足跡をくっきりとしるしながら歩いていくと、おや既に早くも咲いている桃色の梅が満開。目にも麗しく素敵な春のあまい訪れ、のはずが白い白い天からの冷たい結晶がどっさりと覆いかぶさっている。しかしこの風情、眺めもすばらしい。2023年の雪の日の記念に記録しておこう。カメラを向けてパチリ。いいね。梅よありがとう。天からの雪よありがとう。静寂をありがとう。別世界を味わえてありがとう。
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

  • 二句献上。

    満開の 梅にバッサリ白い雪 哀れなるかな イヤ健気なり

    シンシンと 歩く雪道 その先に 神社の祈禱場 我を待つなり

    お粗末さまでした。 -- 岸野 みさを 2023-02-12 (日) 12:16:02
  • 雪の神社に 梅香り 何を祈るか 下駄の跡  -- 蕗の薹 2023-02-12 (日) 19:48:25
  • 蕗の薹 さま
    昔は下駄だったんですか?濡れると冷たいです。
    -- 岸野 みさを 2023-02-12 (日) 21:37:16
  • 雪と梅、素敵な光景ですね。
    白とピンクのコントラストがとても綺麗です!

    大人になって、車の運転や雪かきの心配に心を囚われて、子供の時のように雪を喜べなかった自分を顧みていました。境内の静寂さや荘厳さと雪と梅の風景がよくわかる文章と写真、ありがとうございます! -- エルフ 2023-02-12 (日) 22:19:10
  • 雪の神社に 梅香り 何を祈るか 下駄の跡  -- 蕗の薹 2023-02-14 (火) 20:44:07

認証コード(5094)

いただいたコメントは即座に反映されないことがあります。送信後は30分以上お待ちいただいてからご確認ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional