穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

23041702 オーマン 康子

トップページへ 自分史・家族史トップへ画像の説明

2023.04.17 自分史・家族史「文化の違いと差別」 投稿者:オーマン 康子

 私は文化の違いはどの国においてもみられますが、つぎの3つを例に挙げてみたいと思います。多分私自身の偏ったみかたかもしれませんので、悪しからず。ただそれが良いこと、悪いことにつながるかは述べません。

1.自分の意見をはっきりとのべる。
  アメリカ人は自分の意見を持っていることが常に大切とされています。たとえ、意見が他人とはあいいれず、異なっていても自分はこうあるべきだと述べたほうがよいのです。時には他人と気まずくなるかもしれませんが、しっかりと自分の意見を述べることが必要であり大切です。そうして他人の意見を理解し尊重することができるのです。日本人は自分の意見をあまり出しすぎないように控えることがもとめられますし、自分を強く出すと嫌われると恐れて皆さんと同じようにふるまいます。

2.イエス ・ノーをはっきりという。
   私がよく失敗というか理解してもらえないことで何か質問されたとき、すぐにこのイエス、ノーと答えずにその質問されたことに回りくどく説明したりして、本来の質問からそれてしまったり、答えをなかなかいわないので、他人をいらだたせてしまいがちになる。ましてやそれが夫であったばあいは私はいつも答えがきこえてこないといわれます。日本人にありがちで人を傷つけたくないので、なんとなくうやむやな答えになってしまいます。

3.女性の容姿や年齢を述べたり、たずねたりしない。これはエチケットです。
  日本では子供だけでなく、大人の女性に向かっての簡単に体重、年齢、などたずねますが、アメリカではエチケット違反です。女性の容姿については特に話題にならないようにすることは大事です。

差別について

これについては私自身はこちらでは経験がないように思います。差別というより、アメリカは国土がひろく、かつては今のように情報がなかなか入らなかったりで日本という国を知らない人が大勢いました。ユタであってもあれほど世界に日本に宣教師を送っていても日本が世界の中でどの位置にあるのかを知らない人がいたと思います。これは何十年もまえのことですが、私がアメリカに来た頃、街の中で日本はどこに位置するのかたずねたことがありますが、ヨーロッパのところではと答えた人がいたのには驚きました。今は情報が身近に得られる世の中ですから、正しく認識している人が多いと思います。アメリカでは日本人に対する差別というのは見られないと思います。かつてカンザス州で生活したことがあります。その州は白人が多く住んでいるところでしたので、私のようなアジア人が住むことになったらどうなのかと心配していましたが、そこに移り住んで驚いたことに、皆とてもフレンドリーであったこと、そして仲良くしていただきました。

  • 良い環境の中で生活されたのだと思います。良い人の周りには良い人たちが集まるのだと思います。コロナの最初のころ理由なくアジア人が街中で暴力を振るわれているニュースを見て悲しかったです。慰安婦問題で日本人の子どもたちが学校でいじめられている実態に腹が立ちました。高校生になってもクラスでのけ者にされることに悩んでいる2世が今もいます。娘さんのようなピースメーカーが増えてくれたらどんなに素晴らしいことでしょう。 -- 岸野 みさを 2023-04-18 (火) 15:41:39

認証コード(8770)

いただいたコメントは即座に反映されないことがあります。送信後は30分以上お待ちいただいてからご確認ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional