穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

23050301岸野みさを

穀粒記者レポートトップへ

2023.05.03 穀粒記者レポート・『【憲法情報NO34】5/3 憲法フォーラムを開催しました!』投稿者:岸野みさを

【憲法情報NO34】5/3 憲法フォーラムを開催しました!

憲法論議の活発化のため、憲法情報の拡散にご協力をお願いします。>>>

令和5年5月3日、800名参加のもと「第25回公開憲法フォーラム」を東京・砂防会館で開催しました(共催:民間憲法臨調/美しい日本の憲法をつくる国民の会)。
同時にライブ中継を行い、全国20カ所でネット中継会場が設けられ、各地で憲法フォーラムが同時開催されました。
本年は3年ぶりに通常形態で開催した企画となりました。

「国難迫るー急げ、憲法に国防条項、緊急事態条項の明記を!」をテーマに掲げたフォーラムには、
岸田文雄・自民党総裁よりビデオメッセージを寄せられ、
自民党の柴山昌彦氏(自民党憲法改正 実現本部副本部長)、
公明党の浜地雅一氏(公明党憲法調査会事務局長)、
日本維新の会の音喜多駿氏(日本維新の会政務調査会会長)、
国民民主党の玉木雄一郎氏(国民民主党代表)が、
前進する憲法調査会の状況を伝え、憲法改正実現への思いを表明しました。

また、民間の各界から提言が行われ、憲法改正の早期改正を強く求める発言がなされました。
全映像は、下記よりご覧いただけます。

●第25回 公開憲法フォーラム【全映像】
https://youtube.com/live/R-DAQdowSiQ?feature=share

※憲法フォーラムのアンケート募集中
ご意見・ご感想をお寄せください(下記より、5/31まで)
https://forms.gle/CEMXHyE7uv3PLQjC6

以下、岸田文雄自民党総裁メッセージ全文をご紹介いたします。

■岸田文雄自民党総裁メッセージ
 (5/3公開憲法フォーラム)

皆さんこんにちは。自由民主党総裁の岸田文雄です。第25回公開憲法フォーラムの開催をお慶び申し上げますとともに、憲法改正の実現に向け、それぞれのお立場で、平素より熱心にご活動いただいている皆様に、心から敬意を表します。

さて、自民党は立党以来、憲法改正を党是としてまいりました。憲法の基本理念、すなわち国民主権、基本的人権の尊重、そして平和主義は、今後も決して揺らぐことはありません。その一方で、施行から76年が経つ。現行憲法には時代にそぐわない部分、不足している部分が生じているのではないでしょうか。憲法のありようを絶えず、社会の大きな変化の中で見直していく、

こうした姿勢が求められていると考えています。そのため、自民党は憲法改正のたたき台素案として、「自衛隊の明記」「緊急事態対応」「合区解消」「教育充実」の4項目を挙げ、お示ししています。自衛隊は大規模災害や新型コロナ等にも懸命に対応しており、国民の皆様から感謝され支持されています。

今、力による一方的な現状変更の試みの深刻化や、北朝鮮による度重なる弾道ミサイルの発射など、戦後最も厳しく複雑な安全保障環境に直面する中で、自衛隊を憲法にしっかりと位置づけることは極めて重要なことだと考えます。

また、新型コロナへの対応、あるいはロシアによるウクライナ侵略を受け、緊急事態への備えに対する関心が高まっています。災害の時代とも言われる今、大地震等の緊急時において、国民の代表である国会の機能をいかに維持していくのか。

有事における迅速な対応を確保するため、憲法にどのような規定が必要か。国民の命と安全を守るため、真剣に議論を深めていかなければなりません。さらには、参議院選を巡る一票の格差の問題について、選挙区を人口だけで考えてよいのか。

地方、地域の声をどのように国会に届けるのか。そして、誰もが質の高い教育を受ける機会を享受することができる社会の実現に向け、国の基本である教育の充実について、どのような理念を盛り込むのか。いずれの課題も極めて現代的な早期の実現が求められる課題です。

今国会では、昨年来の活発な議論を引き継ぎ、衆参両院で憲法審査会が開催されています。特に、衆議院の憲法審査会では、緊急事態条項を明記する憲法改正を巡り、論点整理が行われるなど、議論を深めていただいています。

憲法審査会において、憲法改正に関する議論が重ねられていることを歓迎するとともに、今後も真摯に落ち着いた議論を重ねていただきたいと思います。そして、国会における議論と同時に、憲法改正に関する国民的議論を喚起し、国民の皆様の理解を深めていかなければなりません。

憲法改正は国会が発議するものでありますが、最終的には主権者たる国民の皆様が国民投票で決めるものです。すなわち、憲法改正の主役は、国民の皆様なのです。自民党では、憲法改正実現本部やそのもとに設置した憲法改正国民運動委員会タスクフォースが、中心となり、全国各地できめ細やかに、研修会、そして対話集会を開催してまいりました。

私自身も2月の自民党大会を前に、対話集会に参加し、これからの日本を支える若い皆さんによる取り組みを伺いました。今後も、憲法改正の議論に国民の皆様が主体的に参画する機会を積極的に設け、憲法改正に向けた機運をこれまで以上に高めていくことが重要であると考えています。

憲法改正への挑戦は、決して容易なものではありません。これまでも多くの先達が挑みながら到達することができなかった道です。しかし、社会が大きく変化する今だからこそ、我々は挑戦し続けなければならないのです。

本日のフォーラムが、多くの国民の皆様が憲法改正について、自らの問題として考え、大いに議論し、理解を深めていただく。そうした機会となることを心から期待をしています。
皆さん、共に頑張って参りましょう。

■ツイッターなどSNSでの拡散にご協力をお願い致します。動画もぜひご視聴ください。

憲法改正・国民投票チャンネル
https://www.youtube.com/@KenpouKaisei

Twitterで拡散いいね、リツイート
憲法改正・国民投票チャンネルTwitter
https://twitter.com/KAIKEN_CH

美しい日本の憲法をつくる国民の会
※活動にご賛同を頂いた皆様、ネット署名をいただいた皆様に配信しています。
メール停止は、下記アドレスに空メールを送信下さい。
d+1830u@ac-mail.jp
アドレス変更など、その他のお問合せは下記まで
info@kenpou1000.org


認証コード(5568)

いただいたコメントは即座に反映されないことがあります。送信後は30分以上お待ちいただいてからご確認ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional