穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

14101102岸野みさを

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ
2014.10.11 自分史・家族史「私の両親」プライマリーの発表 投稿者:岸野 みさを

Come, Come, Ye Saints - Mormon Tabernacle Choir

「私の両親」プライマリーの発表 
 
 
岸野 みさを

若人の皆さんプライマリー時代に聖餐会で「私の両親」というテーマで発表したことを覚えていますか?
先日、当時プライマリーで現在伝道に出ている長老の掲載許可を取るためにご両親に原稿を送信したところ、大変喜ばれました。
「いやぁ~びっくり。親も忘れているメモリーを長い間保存されているとは、夫婦ともども感心しました」『僕はそんなお父さんを尊敬しています。大人になったらお父さんのように家族をまとめる人になりたいです』のくだりは嬉しいのと反省の入り混じった複雑な気持ちです」と書いてありました。

発表当日、皆さんが最後に「このお話が自分のことだと思うお父さんは立ってください」という呼びかけに、立ちかけて周りを見回し、自信がなさそうに座りかけたお父さんがいましたね。
また、みなさんが自分の原稿を読まないで他の友達の原稿を読んだことも、ちょっとした工夫でした。

では若人の皆さん当時ご自分が両親について思っていたことを改めて読んでみて、過ぎし幼き日々を懐かしく思い出して下さい。

**************************

プライマリーの発表 私の両親     高尾ワード
 
 
私のお父さんは毎週出張に行きます。北海道から沖縄まで日本全国どこでも行きます。最初はお父さんがいなくてさびしかったけど毎週いなくなるのでなれました。私はお父さんがいない間、お父さんが無事に帰ってこられるように家族でお祈りをしています。お祈りすると、天の神様が守ってくれるので安心します。お父さんが帰ってくると、私はうれしくなってお父さんの着替えをもってきます。それから、お母さんといっしょに食事の準備をします。お父さんはにこにこして「ありがとう。」といいました。私は働くお父さんを尊敬しています。お父さんはアダムに似ています。額に汗をかかなくなりましたが、冷や汗をかいて働いているとお母さんが言いました。
 このお話が自分のことだと思うお父さんは立って下さい。

お母さんは料理が上手です。私はお母さんの作った魚料理が好きです。さばの味噌煮、しゃけのムニエル、カレイの煮付け、マグロのさしみが大好きです。学校でも肉より魚のほうが体のためになると勉強しました。お母さんは私が料理のお手伝いをすると、いっしょにやりながら「玉ねぎをスライスする時、手を切らないように注意しなさい。」といいました。私は野菜を切ったり、魚を焼いたり、ホタテやトマトのマリネを作ります。味付けも任されています。味が薄すぎたこともありました。お母さんは料理の天才です。私もお母さんのようになりたいです。お母さんはマリタのようです。イエスさまのために料理を作ったマルタとイエスさまのお話を聞いたマリヤを足して2でわるとマリタになります。
 このお話が自分のことだと思うお母さんは立って下さい。

私はお母さんが赤ちゃんを産んで育るところを尊敬しています。赤ちゃんを産んで育てることはたいへんそうに見(み)えますがそれ以上に喜びが大きいことを教えてくれます。
お母さんはエバに似ています。エバはすべての人の母で、そして私も生まれてくることができたからです。私の家にはまた赤ちゃんが生まれましたが、私もよいお母さんになれるように弟や妹の世話を喜んでしています。
 このお話が自分のことだと思うお母さんは立って下さい。

お父さんは仕事をするうえで、いくつかの資格を取る必要があります。そのために何回も試験を受けなければなりません。試験の近くになるといっしょに遊んでもらえないので少し淋しいけれど、疲れていたり、試験に合格できなかった時でも、また次の試験のためにがんばるお父さんを私は尊敬しています。お父さんはヒーバー・J・グラント大管長に似ています。グラント大管長は根気強く努力してたくさんの才能を伸ばした人だからです。私もお父さんのように得意でないことにもチャレンジできるようになりたいです。そのために学校や教会での勉強をがんばります
 このお話が自分のことだと思うお父さんは立って下さい。

僕は3年生の時、お兄ちゃんとお父さんと4人でサマーランドに行きました。お父さんは「ここで遊んでいなさい。」と言ってどこかえ行ってしまいました。僕たちは波のプールで遊んでいました。僕はお父さんがいなくなっていやだなと思いました。その時大きな波がきて、何かのしたじきになりました。僕はあわててアップアップして必死に泳いで上をさがしました。やっと上にあがれました。苦しかったです。お父さんが帰ってきたのでそのことを話すとお父さんはびっくりしました。お兄ちゃんたちは「そういうことになっていたんだ。」といいました。僕はひどいなと思いました。お父さんは僕に「ヨナみたいに魚のお腹の中に入らなくてよかったね。」と言ったような気がしました。
 お父さんは神様に似ています。なぜかというと困った時そばにいてくれないからです。でもそれは、自分のことは自分でできる力が与えられているからと勉強しました。
 このお話が自分のことだと思うお父さんは立って下さい。

お母さんは仕事をしています。どんな仕事かというと保険の仕事です。いつも7時に起きて、8時に出て、休憩時間に家に帰ってきます。そしてまた仕事場に戻ります。夜遅く10時くらいに帰ってきます。僕はお母さんがすぐ帰ってきてほしいです。お母さんがいないので僕とお姉ちゃんでカレーとかシチューを作ります。ぎょうざはお父さんと僕とお姉ちゃんとで作ります。ぎょうざの形を作るのがたのしいです。
お母さんはまたみんなが健康でいてほしいので、僕がかぜの時にいつも「これを飲むと元気になるよ。」と健康食品をくれます。でもへんな味がするから嫌いです。お母さんは聖典の中のどの女性にも似ていませんが良く働く女性です。
 このお話が自分のことだと思うお母さんは立って下さい。

お父さんは家族に食べ物を買うために働いてくれます。住む家のためや、学校に行くためのお金を払い、国に払う税金や生活に必要なものを買うために働いてくれます。また、家庭の夕べやけんかをした時に家族をまとめてくれます。お父さんはモルモンに似ています。なぜなら家族のことをいろいろ心配してくれるからです。僕はそんなお父さんを尊敬しています。大人になったらお父さんのように家族をまとめる人になりたいです。そのために家のお手伝いをしたり勉強をよくがんばります。
 このお話が自分のことだと思うお父さんは立って下さい。

お父さんはいつも朝早く家を出て会社に行きます。会社では夜遅くまで働いています。お父さんは会社の話をしてくれます。お父さんは相談を受ける仕事をしています。たまに苦情がきます。お客様はかんかんに怒って電話をよこします。お父さんはそれにたいして話をよく聞いてあげます。お父さんは良きサマリヤ人に似ています。かんかんに怒って困っている人を助けるからです。僕もそういう人になるために、友達のけんかを止めるとあとで長い爪でつねられて痛いけど男だからがまんしています。
 このお話が自分のことだと思うお父さんは立って下さい。

お母さんは僕がかぜをひいた時シートをはってくれたり、ごはんを作ってくれます。僕の面倒をみてくれます。僕はそんなお母さんを尊敬しています。お母さんはイエス様に似ています。イエス様は色々な病気を治されました。僕は入院したことがありますが、大人になったらお母さんのように看病のできる人になりたいです。
 このお話が自分のことだと思うお母さんは立って下さい。

僕は家族で多摩動物園に行きました。白ひょう、あらい熊、キリン、しま馬、サイ、アフリカぞう、パンダを見ました。大わしを見たかったのにいませんでした。ライオンも外に出ていません。僕はなにかのことでお兄ちゃんと言い合いになりました。そこえ上のお兄ちゃんが口をはさんできました。僕は二人で話したかったのに、上のお兄ちゃんはいつも口をはさんできます。僕は「黙れ」「黙れ」と二人に言わなくてはなりません。もっとひどいけんかになって動物園が楽しくなくなりました。お母さんは僕たちがけんかしている時はいつも黙っています。長引いた時だけ「いつまでやっているの?やめなさい。」と言います。お母さんはがまんしているのだと思いました。お母さんはサライヤに似ています。サライヤはレーマンやレムエルのけんかをがまんしていました。僕もお母さんのようにがまんのできる人になりたいです。
 このお話が自分のことだと思うお母さんは立って下さい。
 
 
 

  • まさに思いでのタイムカプセルですね。誰にとっても振り返って、佳き思い出の人生になるといいものですね。 -- 昼寝ネコ 2014-10-11 (土) 22:47:19
  • お父さんは、ごく普通に働き、ごく普通に税金を払い、ごく普通に7人の子どものめんどうをみました。ただ一つ違ってきたのは・・・お父さんはおじいちゃんになったのです。そしてモルモンのように威厳のあったお父さんは、孫の「ジィジ抱っこ」のひと言でふつつかな僕になります。孫をかかえ腰痛をこらえて急な坂を上り下り。末息子よ早く伝道から帰ってきてお父さんをおんぶしてくれ。 -- 8人の孫。来年ふたり予約済み 2014-10-12 (日) 08:49:03
  • 岸野みさを様
    プライマリーの発表でどのワードも色々記録になる事をやってきましたが、何年も経ってから渡された話は余り聞きません。これからは考るべき事ですね。岸野姉妹に敬服です。 -- 吾亦紅 2014-10-12 (日) 22:55:21
  • 来年ふたり予約済様
    そんなに働きづくめなのに年老いて介護が必要になったとき「親は重い」などという輩が世の中にはいます。 -- 岸野みさを 2014-10-13 (月) 07:12:58
  • 吾亦紅さま
    みなさんに原稿を渡して掲載許可を伺いました。目を通さず「いいですよ」と即断した青年がいました。これって「何年も経ってから渡された」からでしょうか? -- 岸野みさを 2014-10-13 (月) 07:20:05
  • 昼寝ネコさま
    現在ここに登場した若人の皆さんは色々な問題に直面しながらも、己が道を着実に歩んでいます。その傍らにそっと寄り添っているご両親がいるからこそだと思います。 -- 岸野みさを 2014-10-13 (月) 07:32:14

認証コード(5681)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional