穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

15103101徳沢愛子

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ

2015.10.31 詩・散文「父の遺産」 投稿者:徳沢 愛子

エッチなことを言おうとする時
決まって鼻穴が生き物のように広がった
抑えた笑いが
二つの穴から出たりへこんだり

親切にされると
ご老体は素早く拒絶の構え
 <無礼者!!>
うれしいくせに照れには負ける
あの目の光でわかる

93年の歳月に押されて
今は声が出ない
ここに来て 沈黙は金
あの世の扉を背にして
足らずの娘には
説教したいことばかり

たった今 手軽に思いついたのではない
93年かかって気づいたことども
ルルドの泉のように
溢れてくる伝えたい言葉たち
残してゆきたい思いか

軍隊式敬礼
足萎え ベッドの身の上には
説教 訓戒よりも
イカス男の仕上げの挨拶
息を殺した一瞬の一瞥
何もかも見透かす眼光
ボディブローのように利いてくる

深い詩の一行のようだ

  • 徳沢愛子姉妹
    最後まで父の尊厳を敬っている娘、この父にしてこの娘あり。 -- 岸野みさを 2015-11-01 (日) 22:40:47
  • 愛に溢れたこの詩があまりにありありとして
    目に浮かぶようです。ありがとうございます。

    父上が
    何を言わんとしているか
    今ではすべてお見通し
    すべて仕草が愛おしい
    お父さんたら‥
    まあお父さんたら
    娘の視線は母の愛
    ああ愛おしい愛おしい

    -- ふわふわの 2015-11-02 (月) 02:56:46

認証コード(6084)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional