穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

15122001 トク☆オタ

穀粒記者レポートトップへ

2015.12.20 穀粒記者レポート「クリスマスメッセージ2015 救い主イエス・キリストの降誕」投稿者:トク☆オタ

救い主イエス・キリストの降誕

Screen Shot 2015-12-20 at 10

世の中にあるものは使えば使った分減っていきますが唯一、逆に使えば使うほど増えていくものがあります。

それは「愛」、主のような「純粋な愛」です。

・・・・・なんていうことを何かで読んだことがあります。

すごく納得したのを覚えています。

クリスマスの時期は大切な人のために何かを贈りたい、何かをしてあげたいと「人のため」を考える、まさに主のような純粋な愛が大きくなる時期ではないでしょうか。

そんな時期だからこそこのクリスマスはいつもより人が優しくなり輝く時期なのかなって思います。

イエス様は地上にいる間「人のため」を考え行動してこられました。それは現在も全く一緒です。

イエス様ご自身が天のお父様からの「贈り者」であり、我々への愛の証だとこの時期改めて考えさせられます。

今年のクリスマスが皆さん一人一人にとって特別なクリスマスとなりますように願っております。

  • うれしそうなマリアとヨセフの表情が秀逸です。クリスマスの時期は毎年思うのです。介添え役の天使は女性だった。その名は『サンバ』 メリー・クリスマス! -- Aオッサン48 2015-12-20 (日) 15:48:01
  • トク☆オタさま
    鐘は鳴らさなければ鐘ではない
    歌は歌わなければ歌ではない
    愛もまた、人に与えるまでは愛ではない
    愛は心に秘めておくために
    与えられたのではないのだから
    (サウンド・オブ・ミュージック より)
    この歌詞を思い出しました。信仰込めた渾身のクリスマスカードをありがとう。
    誰も描いたことのない罪の世の寂寥を描きましたね。驚きと感動のヨセフの表情や愛と慈しみに溢れているマリヤの神々しい姿とは対照的に外の景色は寒々と広がっています。思わず、幼子に加護があるようにと、祈りたくなるでしょう。光を輝かせながらスヤスヤ眠る幼子の平安が罪の世にもたらされたキリストの平安を象徴していると感じます。 -- パシリーヌ 2015-12-20 (日) 16:00:22
  • 白いドレスではなくピンクのドレスにした色彩がより一層、聖家族の喜びを表現していると思いました。 -- メロディ 2015-12-20 (日) 16:04:57
  • 美しいの一言です。夜空とそこにひときわ輝く星も! -- ファリー 2015-12-20 (日) 16:08:42
  • いつまで見ていても飽きることのない、命が吹き込まれている作品です。幼子は特にそれが顕著で、まるで神の手が描いたようだ。 -- KAZE 2015-12-21 (月) 12:55:10
  • なるほど。こういう見せ方があったとは流石です。 -- コニー 2015-12-22 (火) 11:33:32
  • 僭越ながら私の好きなイタリヤ・ルネスサンスの巨匠ミケランジェロ・ブオナローティについて伝えたいのですが…。ご存じかも知れませんが、彼は37歳でシスティーナ礼拝堂の天井画を4年間かけて完成させました。天井18mの高さに櫓を組み東西41.2m、南北13.2mを描き切るのに毎日上を向きながら一日中描き、絵の具が容赦なく顔の上に滴り落ちてきました。旧約聖書の「創世記」にある、父なる神の指とアダムの指とが触れ合おうとする瞬間を描いた有名なアダムの創造、ノアの大洪水、天体の創造と300体以上の人物を描いたフレスコ画はミケランジェロの肉体と精神の苦闘の賜物だったのです。実物を見た時の衝撃は言葉が出ない程でした。
     トク☆オタさまは絵画製作にどのようなご苦労があるのか知りたいと思います。
    -- 一ファン 2015-12-22 (火) 21:57:30
  • 孫でCG画を勉強している娘はこの絵にただ見とれています。そして、トク☆オタさまがマリヤとヨセフの幼子の命を見つめる喜びをこのように完璧に表現されていることに驚いています。自分に出来るのかどうかといぶかっています。これからも良き師であってください。ちなみにその孫娘は2EECの名前で「穀粒2周年おめでとう」の不思議な女の子を描いて投稿してあります。 -- 古たぬき 2015-12-23 (水) 10:19:22

認証コード(0104)

}}

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional