穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

16090601萩原 淳

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ 画像の説明

2016.09.06 自分史・家族史「本当の学びとは」 投稿者:萩原 淳

 みなさんこんにちは。高尾ワードの萩原淳です。私は8月17日より30日迄カナダのバンクーバー、アメリカのシアトル、ヤキマに行っておりました。今日はそこで得たことについて分かち合えればと思い投稿しています。
 本題に入る前に僕の家族構成についての紹介と、みなさんからいただいた質問に答えさせていただきます。少しややこしいのですが、僕は両親、2人の弟(14歳、12歳)そして祖父母、4人の従兄弟(14歳、7歳、4歳、2歳いずれも男の子)と暮らしています。つまり従兄弟と おじさん、おばさんは仕事の関係で別居しています。
 質問についてですが、
一番楽しかったこと→バンクーバーのグランビルアイランド
一番面を食らったこと→とにかくデカイ!!!
 言語の障害→全て伝えられたわけではありませんが、中学校レベルの英語でも本当にしっかりやれば大分話せますよ!
 時差について→渡米時も帰国時も着いた初日はぐっすり眠り、2日目は渡米時は朝3時半に寝て、6時半からセミナリーという過酷なことをし、帰国時は夜7時に寝て朝は4時に起きていました。
です。
ここからが本題です。さかのぼること、5月末、僕がこの教会に来てから丁度1ヶ月くらいたったころ、僕は当時高尾の地で奉仕してくださっていた太田長老に、FSYに行くの?と尋ねられました。僕はその時行かないと答えました。まだその時には、あと2ヶ月で改宗してるとは考えてもおらず、まだまだ、FSYに参加するのには未熟だろうと考えていたためです。
そしてその約1週間後、両親より、アメリカに行ってみないか?との提案がありました。中学校で英語文法を習って以来、どうしても一度英語圏に行ってみたかったので、答えは勿論いきます でした。それからも、神様の道を進み、7月にバプテスマを受け、その少しあとにアメリカのホームステイ先(母親のカリフォルニア州立大学在学時の親友)は教会員であることを知りました。本当に驚きました。
そして8月15日にユースのはFSYに行き、僕はその3日後にカナダに向けて出発しました。
 現地では弟2人を連れ、バンクーバー、シアトル、ヤキマの三ヶ所の教会に行きました。聖餐会とセミナリーに出席しました。いくらアメリカであろうと教会は教会ですから、そこまで大きく異なるわけではなく、強いて言うのであれば、三時間プログラムのあとはそそくさとみんな撤退し、20分後にはほとんど誰もいなくなる、それくらいです。
これだけでは日本に居ても霊的にはあまり成長していないように見えます。そして正直自分でもなにを学んだかがあまりよくわかっていません。が、一つ始めてのことを体験しました。それは、LDSの家庭で生活するということです。正直な感想はとても楽でした。集会前、後はいつも送り迎えしてもらい、聖典研究をしてもすぐに隣に聞ける人がいて ということです。しかし、このことも感想としては楽だったということしか感じなかったため、ふさわしいかどうかよくわかりません。
 でも、僕の側には僕よりも沢山のことを感じた人がいました。それは僕の2人の弟です。上の弟、14歳の力哉はセミナリーと三時間プログラムに、下の弟、12歳の優翔は三時間プログラムに参加しました。そしてこの体験を通して、本当に教会に行きたいと心から感じていました。日本に帰ってきて一緒にお祈りする時の態度が今までとは比べものにならないほど、気持ちがはいっています。そしてその弟の姿を見た一緒に暮らしている14歳の従兄弟の生馬まで関心を示しています。
 今回のことを通して、自分は、いや、萩原家は本当に主に近づくことができたのではないかなと思います。FSY にいかないというのは、神様が示した正しい選択だったと考えています。
 神様は必要な時に道を示してくださいます。そして、その道に従ったジョセフスミスによって回復されたこの教会は真実であることを知っています。そのような道を見逃さないようにし、そしてその道を素直に歩いていきたいと思います。

 最後に今の目標を紹介して筆を置かせて、いや、指を止めさせていただきます。
 目標:「萩原Bから萩原Fに変わること」

  • 萩原淳兄弟
    萩原一族を救う若き族長となったのですね。力哉君、優翔君、生馬君、高尾ワードにお見えになる日を楽しみにしています。 -- 岸野みさを 2016-09-07 (水) 13:52:13
  • 岸野姉妹
    近々教会に連れて行きますので、その際にはよろしくお願いします。 -- 萩原淳 2016-09-08 (木) 07:30:59
  • 萩原淳兄弟、投稿を読ませていただきました。改宗の年齢が私の場合(16歳)と似ていて、大変興味深く読みました。よい経験をされましたね。教会に通って、学業と信仰の両面で着実に前進し、ますます活躍されますよう祈ります。(現在74歳)。 -- 沼野治郎 2016-09-08 (木) 10:06:36
  • 素晴らしい経験になりましたね。ジョセフスミスが示現を受けたのも14歳でしたね。実弟力哉君、従弟の生馬君も14歳。淳君を通じて特別に導かれているようにも思えます。
    -- コニー 2016-09-09 (金) 10:20:24

認証コード(5101)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional