穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

16091901サブストローム・クリス

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ 画像の説明

2016.09.19 自分史・家族史「山登り」 投稿者:サブストローム・クリス 4年生 (男子)

白馬大雪渓
 登っている時はきつかったけど頂上に着いたら、とてもすずしかった。雪渓の上を登る時は楽だったけど下りる時はすべって大変だった。雪はほとんど氷になっていた。うさぎがきつねに追いかけられていた。僕たちのところに来ればきつねに追いかけられなくてすんだのにと思った。きつねのしっぽが少しだけ出ていた。うさぎもきつねもものすごく足が速かった。

白馬五竜高山植物園
 リフトに乗っているとき足の方を見ると植物がたくさん咲いていた。いろいろなしゅるいの植物が咲いていた。ゴンドラに乗っている時に牛がゴンドラの下でかわれていた。大雪渓の時よりきつかった。

八方尾根自然研究路
 行きはきつかったけど、頂上でお菓子を食べた。池があった。頂上がとても広かった。よこさわ兄弟としん君とたくちゃんが走ってもっと高い山に登って行った。とてもたいへんそうだった。白馬はとても楽しかった。また行きたいと思った。
 

  • クリス君
    うさぎを助けたいと思うやさしい気持ちが伝わってきました。白馬大雪渓は全長2500m、幅100m標高差600mで「剣沢」「針ノ木」と並ぶ日本三大雪渓の一つです。
    白馬五竜高山植物園のクリス君が見た花々は約300種類200万株あり、およそ5ヘクタールの広大な面積に咲き誇っています。ヒマラヤの青いケシも有名です。
    八方尾根自然研究路の標高2060mにある神秘的な八方池までの登りはゴンドラやリフトを降りてから、きつかったと思います。そこから見た白馬三山は大迫力だったことでしょう。白馬にはまだ沢山のビューポイントがありますからまた、行って見て下さいね(自称ふるさと創生メンバーより)
    -- 岸野みさを 2016-09-19 (月) 10:59:32
  • 山登り楽しそうですね。またもっと高い山にチャレンジしてますますたくましい男になってください。 -- コニー 2016-09-21 (水) 13:17:54
  • クリス兄弟、良い経験をしましたね。大切に覚えておいてくださいね。 -- 丸山 幹夫 2016-11-15 (火) 17:08:07

認証コード(9613)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional