穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

16111401與座いずみ

トップページへ 自分史・家族史トップへ画像の説明

2016.11.14 自分史・家族史「幸せはお金がすべてではない」 投稿者:與座いずみ

私は2週間、フィリピンのセブ島に短期留学してきました。私のセブ島のイメージは海がきれいなリゾート地というイメージだったので、行く前は観光気分もありとても楽しみでした。しかし、実際行ってみるとそこは想像と全く違っていました。蚊や蟻などの虫は家のいたるところにいて、水道からでてくる水は飲めないのが当たり前で、トイレはトイレットペーパーが流せず、場所によってはまるでトイレとは言えないようなところもあり、その他多くの点で先進国の日本とは異なるところがあって、驚きをかくせませんでした。最初はカルチャーショックで食欲もありませんでした。確かにリゾート地と呼べるような場所もあり中には高層ビルや大型ショッピングモールがあって栄えている地域もありました。しかし、そこから歩いて5分もしない場所はスラム街が広がっていて、今にも壊れそうな家に住んでいる家族、ゴミ山で食べる物を探している人、またストリートチルドレンも多くいました。同じ国で暮らしているのにも関わらずどうしてこんなに貧富の差があるのかと悲惨な思いになりました。

フィリピンは近年、急成長していて以前より発展し経済も少しはよくなったが、一部の人の所得が大幅に上がっただけで全体的に所得が上がっているわけではありません。語学学校の先生方はフィリピンでは良い給料をもらっているが大した額ではないので贅沢な暮らしはできません。なぜ大した額をもらえないかと言うと、フィリピンの雇用形態はほとんどの人が契約社員で6カ月以内に契約が切られます。正社員になると給料が大きく変わるので会社側はなるべく正社員で雇おうとはしません。そのこともあり、私の語学学校の先生もよく入れ替えがありました。それ以降、私はフィリピンの雇用に興味をもち、契約が終わった先生たちと連絡をとりいろいろと調べた結果、彼らのほとんどが新しい仕事を見つけていませんでした。しかし、これが当たり前のようで仕事がすぐに見つかる人の方が珍しくて、次の仕事を見つけるまでに3カ月から6カ月近くかかるようです。私は、このような雇用形態が現状だと明確な夢がもちづらいということと、なかなか夢を実現しにくいのかと思いました。

フィリピンはいろいろな問題を抱えているがそこに住むフィリピン人はとても心が温かく、フレンドリーで、冗談が好きで毎日を本当に楽しく過ごしていました。そんな彼らの授業を受けて、私は毎日楽しく英語を勉強することができ、毎日が幸せでした。また、学校で勉強をしている子どもたちがいる中、平日に町中でやせ細ってボロボロになった洋服を着た子どもたちを見かけたとき、きっと学校には通えない子どもたちだと思いました。
しかし、そんな子供たちでも笑顔はとても輝いていました。

私は生まれて初めて心の底から幸せを決めるのはお金ではないと感じました。日本は当たり前のように蛇口から出てくる水を飲み、当たり前のようにお腹いっぱいご飯を食べ、当たり前のように教育を受ける子供たちがいます。しかし、これらの事は決して当たり前のことではありません。私はフィリピンに行ってからこのことを強く感じるようになりました。このことを知ってからは今まで当たり前だと思っていたこと一つひとつに感謝するようになりました。私はフィリピンに貢献したいと思い、今の私にできることを調べ、いろんな人から聞き、必死に探しています。日本での生活は当たり前でないこと、一人でも多くの人に伝え、一人でも多くの人に知ってもらいたいです。また、一人でも多くのフィリピンの子どもたちが教育を受け、自分の夢をみつけ、その夢を叶えきれる国になってほしいと思います。

  • 日本国を外から見ることによって大事なことを学びましたね。分かち合って頂きありがとうございました。 -- 岸野みさを 2016-11-15 (火) 07:22:20
  • 感動しました。特に、ただ日本が当たり前ではないということを見つけただけでなく、フィリッピンの子供たちが教育を受け、夢を見つけかなえられるように、何かしたいということを思い、実行に移そうとしていることです。貧困などから抜け出す一番の方法は教育です。その中には、真実の福音を学ぶことも含まれています。フィリッピンの伝道が盛んになることを祈っています。与座姉妹の夢をかなえるために、何かできることがあればお手伝いします。 -- 丸山 幹夫  2016-11-15 (火) 16:41:52
  • 会社のプログラムでセブ島に本拠を置くカランメソッドの大手英会話学校のコースを半年間とりました。親しい先生にレッスンの合間に聞いていたフィリピンでの生活のことを思い出しました。彼女たちは一所懸命に働いて楽しく暮らし夢を叶えようとしています。苦労も多いのですが輝いていました。苦労があるから幸せなのかな。 -- ふわふわの 2016-11-15 (火) 17:52:45

認証コード(3551)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional