穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

17081601トク☆オタ

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ

2017.08.16 絵画・イラスト・マンガ「シオンの陣営<Zion's Camp>」 投稿者:トク☆オタ

シオンの陣営提出用

コピー・印刷・転載 不可につき御入用の方は事務局までご連絡ください。

 男たちがレイ,ラフェイエット,クレイ,ジャクソンの各郡から集まり,モルモンを皆殺しにするためにウィリアムズの渡し場でミズーリ川を渡ろうとしていると誇らしげに言った。こうして暴徒が発砲したため応戦しようとする者もいたが,預言者は主が必ず守ってくださるからと約束して,こう語った。「静かに立って神の救いを見ようではないか。」

 5人のミズーリ住民が野営地を去って数分後,西の方の青空に小さな黒い雲が現れた。それはまるで巻き物を広げるように東の空に広がり,天が暗闇に覆われてしまった。そして,暴徒の第一陣をいっぱいに乗せた渡し船がミズーリ川を南に進んでいたとき,突然の激しいスコールが襲い,渡し船は戻って第二陣以降を運ぶことができなくなってしまった。嵐は非常に激しく,シオンの陣営はテントをあきらめ,近くの古いバプテスト教会の教会堂に避難せざるを得ないほどであった。教会堂に入って来たジョセフ・スミスは大きな声でこう言った。「みんな,このことにはある意味があります。この嵐は神が起こされたものだ。」だれも眠ることができなかったので,陣営は賛美歌を歌い,ごつごつした長いすの上で休息を取った。陣営の一人はこう記録している。「広い地平線の上の空全体が恐ろしい雷鳴を伴って燃えているようであった。」

 ほかの所では,集合した暴徒たちが避難する場所を求めていた。たけり狂う嵐のために木々の枝は折れ,穀物は倒れ,暴徒たちの火薬はぬれて使いものにならなくなり,馬はおびえて散り散りになり,またフィッシング川の水かさが増えた。こうしたことで,暴徒たちはシオンの陣営を攻撃することができなかったのである。預言者はこう回想する。「滅ぼそうとする敵の手から僕たちを守るために,戦いの神が復讐の命令を出されたかのようであった。」

 それから2日後の6月21日,レイ郡住民軍のジョン・スコンス大佐が二人の隊員とともに,モルモン側の意図を聞きにやって来た。「この民は全能者の力によって守られていることが分かります。」スコンスはそう言った。預言者は,シオンの陣営の唯一の目的は兄弟たちが土地を取り戻すことであり,だれも傷つけようとは思っていないことを説明した。彼はこう語っている。

 「わたしたちについて流布している悪評は偽りです。わたしたちを滅ぼそうとする敵のでっち上げです。」スコンスらはこれまで聖徒たちが受けてきた不当な仕打ちと苦しみに心を打たれ,モルモン教徒に対する悪感情を打ち消すことに全力を尽くすと約束してくれた。~

~シオンの陣営のミズーリの聖徒たちを援助してシオンの土地を奪回するという計画は失敗に終わった。また不和や背教,不当な情報などによる混乱もあった。しかし,この行軍から得られた積極的な成果も幾つかある。陣営の参加者は自由意志をもって主と預言者への信仰を示し,末日の啓示に従いたいとの望みを形にした。またミズーリの追放された聖徒たちに対して,必要ならば命に代えても喜んで助けようとの思いやりを見せた。

 またこの苦難の旅は,だれが信頼を受けて指導者としての地位に就き,カートランド神殿でエンダウメントを受けるにふさわしいかを判断する試金石となった。預言者は後に次のように説明している。「神は皆さんが戦うことを望まれませんでした。主は地上の国々に福音の扉を開くために12人の人を召し,彼らの指示に従える70人の人を召されましたが,主はそれらの人を,自らの命をささげてアブラハムのように偉大な犠牲をささげた人々の中から選ばれたのです。」 1835年2月,十二使徒定員会と七十人第一定員会が組織されたが,最初の十二使徒の中の9人と七十人定員会の会長全員,ならびに定員会の63人の会員全員は,1834年にミズーリ州西部に行軍したイスラエルの軍のメンバーであった。

 シオンの陣営は多くの主の僕たちを鍛え,磨き,霊的に洗練された者にした。主に従い献身した人々は貴重な実践訓練と霊的な体験を積み,それは後の教会が遭遇する苦難を乗り切るのに大いに役立つことになる。1,000マイル(約1,600キロ)以上に及ぶ苦難と試練の経験は,ブリガム・ヤングやヒーバー・C・キンボールなど,ミズーリからイリノイ,ノーブーから大平原を越えてロッキー山中に移住する聖徒たちを導いた人々にとって,かけがえのない訓練の場となったのである。懐疑的な人からの,行軍によって何を得たのかとの質問に対し,ブリガム・ヤングは間髪を入れずにこう答えている。「この機会を通して得た知識は,ギューガ郡全部をくれると言われても渡すことはできません。」

時満ちる時代の教会歴史P、148-150

  • 暴徒たちの慌てふためく様が痛快です。お見事! -- パシリーヌ 2017-08-17 (木) 14:22:44

認証コード(6398)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional