穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

18080801ホール・アンドリュー

穀粒記者レポートトップへ

2018.08.11 穀粒記者レポート・『世界各地のモルモン短編文学の公募』投稿者:ホール・アンドリュー

福岡ステーク前原ワードのホール兄弟です。

私はモルモン文学会の役員として、
モルモン文学を応援する組織「Mormon Lit Blitz」のJames Goldbergの仲間です。Mormon Lit Blitzは7年間でいくつかの短編コンテストを開きました。

今年も「世界各地のモルモン文学短編コンテスト」を開きます。
詳細は下記をご覧下さい。

世界各地のモルモン文学短編コンテストの公募

どんな言語でも、どの国でものモルモン小説家のライティングコンテストを公募します!

過去7年間、Mormon Lit Blitz (モルモン文学ブリッツ・コンテスト)は、モルモンの読者と作家を繫なげました。バスに乗っている間や、昼休みの時間に読めるような短い短編のコンテストです。ブラジル、インド、メキシコ、ドイツ、スペイン、米国で短編小説を発表しました。

読者はより多くを求めています。寄付者のグループは世界中のさまざまな場所でモルモンの人物が繰り広げる短い物語を制作するコンテストに資金を提供し、各大陸にいくつかの物語を公開しています。このコンテストでは、どの言語でも2,000語(日本語は5,000字)までの物語を受け入れます。二つの賞があります。読者好評賞(賞金:100 USドル)、また英語以外の言語で書かれた好評賞(賞金:100 USドル)。

コンテストの締め切りは2018年12月31日です。著者はコンテストに3編の短編小説を提出できます。物語をeverydaymormonwriter@gmail.comに電子メールで送ってください。また、著者の名前、連絡先情報、各物語のタイトル、またどの国を舞台にしているかを明記して電子メールで送って下さい。

よくある質問:

Q:ファイナリストはどの言語で公開されますか?

A: ファイナリストに選ばれた短編は、元の言語と英訳の両方で公開されます。作家は自分の物語の翻訳を提出するか、あるいはボランティアの審査員と翻訳者が物語を評価して翻訳することを許可することができます。

Q: 私が母国について書く必要がありますか?

A: いいえ。作者はどの国についても書くことができますが、経験や勉強を通してその国に慣れ親しんでおくべきです。舞台は母国以外なら、作家が対象国の人に下書きを分け合って相談することを勧めます。

Q: 2,000語以上の話(日本語は5,000字)を提出することはできますか?

A: いいえ、短編はコンテストの資格を得るために2,000語以下(日本語は5,000字以下)で編集する必要があります。

Q: ジャンルに制限はありますか?

A: いいえ。物語には、ロマンス、ミステリー、SF、ファンタジー、その他何でもジャンルは問いません。過去、現在、または将来のいつの時代のことでも可能です。唯一の制限は、地球上の特定の場所を舞台にして、また広い意味でモルモンの経験を描写する必要があることです。

Q: 作家が避けるべき地域はありますか?

A:いいえ、多くのモルモン短編小説はユタとその周辺を舞台としているため北アメリカでの最終選考枠は北米諸国或いは米国の他の地域の物語になりがちですが、驚嘆すべき、人を引き付けるようなユタ州の物語であれば審判の興味を引くこともあり得ます。

私どもは宣教師中心の物語よりも自国における先住民族や移民の物語が引き立てられるように期待しますが、本当に輝きを放つ宣教師の物語であれば驚かれることでしょう。

このモルモン文学コンテストと他のモルモン文学コンテストをどのようにサポートできるかを知るには、
http://www.patreon.com/mormonlitlab
をご覧ください。


認証コード(2163)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional