穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

20030901 川島 由衣子

トップページへ 自分史・家族史トップへ画像の説明

2020.03.09 自分史・家族史「祝 ジョセフ・スミス最初の示現200周年記念―お家学校」 投稿者:川島 由衣子

 月曜日から学校と幼稚園がお休みになり、毎日奮闘しています。4月から小学生になる息子の準備も兼ねて、「お家学校」をやっています。1時間目は宗教(笑)の時間で「わたしに従ってきなさい」を使って学びます。2時間目は家庭科…普段忙しくてちゃんと教えてあげていない洗濯物のたたみ方、お料理、掃除…など時間をかけて教える良い機会です。私の家事も軽減されてラッキー!3時間目は体育で近くの公園で鬼ごっこや(先日は私が鬼になりましたが、誰も捕まえることができませんでした)リレー、散歩など…。
普段は本当に忙しくてちゃんと向き合うことが難しいことでもこのお休みを利用してやってあげられます。中2の長男も反発することなく、楽しそうに参加してくれています。こんなことができるのも、あと何年か…今を大切にしたいと思います。

「ジョセフ・スミスの最初の示現200周年記念」4月の総大会のために、我が家でも少しですが備えをしています。夜、家族で読むモルモン書を今月から「ジョセフ・スミス歴史」に変更し、もう一度皆で勉強しています。我が家は上が中学2年生で1番下は幼稚園児という開きがありますので、一度にたくさんのことはできませんが、できることをやるという事に意味があると信じています。今日は、毎晩個人の祈りで、ジョセフ・スミスが天父とイエス・キリストに本当に会ったのかを祈ってみるようにというチャレンジをしました。親の証ではなく、子供たちが自分の証を持ってほしいです。

 昨年の夏、家族でニューヨーク州パルマイラの「聖なる森」を訪れました。長男が14歳になったら行きたいと何年も前から計画してきました。
素晴らしい経験でした。1820年の早春にその場所で起こった出来事は、私自身の為だったと感じました。私はそのおかげで1番大切なことに対して悩み迷うことはありません。不安なことばかり起るこの世の中で、いつも希望を持ち続け、楽しむことができます。そのことを私に伝えてくれた父母に感謝しています。私もそんな親になりたいです。

  • www 絵になる光景ですねエ。キャッキャツとはしゃぐ声まで聞こえてきます。次は水泳でやってみては如何ですか?いくら敏捷な子供達でもさすがライフセイバーのママには適わないことでしょう。 -- 岸野 みさを 2020-03-10 (火) 10:54:10
  • 由衣子姉妹、今までビショップのご家庭として特に大変な時を約8年間立派に過ごされた事に心からの賛辞を贈ります。弾兄弟を始めご家族ご一同に感謝を込めて、有り難う御座いました。これからは気抜けしない様に、更に素晴らしいご家庭を築いて下さい。楽しみにしております。今しばらくこの様な嫌な時期が続くでしょうが、充分注意されます様に、川島家に心から感謝 -- 工藤駿一 2020-03-10 (火) 14:23:40

認証コード(2466)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional