穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

21020101徳沢愛子

トップページへ 譜面台の練習曲メニューへ

2021.02.01 詩・散文「卒業式」 投稿者:徳沢 愛子

金沢方言詩

いつんまにやら
あんさはいっちょまいになった

いっちょうらのせびろきて
ちょっこし ひげのはえたあごた
がくちょうのしゅくじ
きいとるよこがおに
ひがさしこみ
めにひかりがとまる
どっか えいちのみなもとから
とどいたらしい ひかり

もう あんさは
わてからすだってしもた
もう しゃかいのこ
にほんのこ
せかいのこ
うちゅうのこ

しきじょうのすみっこで
ははおやのわては
とうめいにんげんになっていく
うすあおいもや まといながら

(日日草 75号より)

  • 誇らしくちょっぴり寂しい卒業式。「とうめいにんげになっていく」でちょっと笑って。
    「えいちのみなもとから とどいたらしい ひかり」主の祝福に照らされる君たち! -- 岸野 みさを 2021-02-02 (火) 17:21:36

認証コード(2278)

いただいたコメントは即座に反映されないことがあります。送信後、場合によっては1時間以上かかって反映される場合もありますのでご了承ください。"

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional