穀粒(こくつぶ)会員のための、創作および出版支援サイト

22090501 高畑 晃

トップページへ 自分史・家族史トップへ画像の説明

2022.09.05 自分史・家族史「FSYに参加して―私の変化」 投稿者:高畑 晃
2022年8月21日 証会にて
 みなさんこんにちは。ここで証できることに感謝しています。私は今回fsyで福音を学ぶ事と親離れになる良い機会になると思い、参加を決意しました。見送りに来てくれたお父さんと別れた瞬間から寂しくなって帰りたくなってしまいました。初日の夜からホームシックになってしまい、涙が出てきました。ユースの中で最年長だったのにとても情けないなって思いました。そんな時初めて会う指導者の姉妹が声をかけてくれて、色々話を聞いてくれて、とても慰められました。やっぱり6日間はとても長く感じましたがわたしにとっては自分の成長に繋がるチャンスでした。

 時々私はみんなと感じ方が違うなと思う事がありました。プログラムの中で あなたは神の愛が及ばないほど遠くにいる訳ではありませんというジェフリーRホランド長老の言葉を聞きました。神の愛を親の愛に置き換えて考えた時涙が出てきて、その時はこれが御霊を感じて涙が出るっていうことなのかって思ったんですけど、今思うと御霊と言うよりただのホームシックで泣いていたんだろうなって思います。

 プログラムの中に家族の事について考える話しがたくさんあって、家族1人1人のことを改めて深く考えることが出来ました。その時間は私にとって、とても良い時間で、本当によかったです。

 でも帰った次の日のからお父さんにブチギレてしまって、まだまだ本当に未熟だなと思いました。

 fsyを経てこれからちゃんと聖餐会に参加しようと思えた事と、何か一つのことを信じ続けることの大切さを学びました。イエス様のことを信じ続けて、信仰を強めて強い証を持ちたいと思いました。

 自分の中でこうした、良い変化があったので、fsyに参加してよかったです。イエス・キリストの御名によって、証します。アーメン。

  • 高畑姉妹、素晴らしい証に感謝しています。反省も素晴らしいですね。

    塚原俊英 -- 塚原俊英 2022-09-08 (木) 09:13:14
  • 晃(女)が「信じ続ける」ということに気づいて素晴らしいと思いました。


    そして更に、ヨハネの黙示録3:15-16には次のように書かれています。

    「わたしはあなたのわざを知っている。あなたは冷たくもなく熱くもない。むしろ、冷たいか熱いかであってほしい。このように、熱くもなく冷たくもなく、なまぬるいので、あなたを口から吐き出そう」

    北方まじかに位置するヒエラポリスの温泉は南方に流れ下る川に温水を送り出していた。
    その温かい水がラオデキヤに達するころには生ぬるくなっていた。
    ラオデキヤの聖徒たちが生ぬるく決意にかけている状態をキリストはこのように戒められたのです。

    -- 岸野 みさを 2022-09-08 (木) 20:25:17

認証コード(0980)

いただいたコメントは即座に反映されないことがあります。送信後は30分以上お待ちいただいてからご確認ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional